LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 地獄少女 三鼎 第24話

<<   作成日時 : 2009/03/26 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

この世界は最初から、諦めることでしか生きていけない世界なのか。



 なぜか先週の本放送が録画できておらず、やっと今日のリピート放送で。

 ラスト残り3話、というところで収束が加速しました。高校受験の合格発表というその日に、まるで「御景ゆずき」という存在が、最初からいなかったかのような世界が始まっていた。

 つぐみちゃんだけはその世界とは外にいました。けれど彼女はやはり"見ているだけ"しかできなかった。
 つぐみちゃんはずっとただ"見ること"しかできないでいました。でもじゃあなぜ自分はその運命にあるのか。彼女の解釈はこの作品の直接的なメッセージの一つになっていました。

 あまりに不条理で、あまり不平等なこの世界。それを多くの人々はそのまま受け入れていた。それはもしかしたら「受け入れたくはないけれど、受け入れるしかない」から受け入れているのかもしれない。そしてそれを"秩序"とし、それを"自然"であり、そういうものなんだ、と思うことで世界はできている。それが良いと判断している。

 そしてその世界の中での地獄通信とは、最後の楔であり、最後の希望になっているのではないか。そう、つぐみちゃんは考え行き着いていました。どんなにイヤな奴がいても、いつかは地獄通信で流してやる。だからまだ耐えてやろう。そう思っている人々こそが、地獄通信に救われている人々であると。


 じゃあ自分はどうすればよいのか。ゆずきちゃんは必至につぐみちゃんに縋った。そしてつぐみちゃんは意を決して告げました。今おかしくなったと思っている世界こそが現世であり、今までがすべて幻であると。その現実を受け入れて、と。

 彼女、御景ゆずきはもうずっと前に、この世から消えていた存在でした。


 死んだ人に幻を見せて、人の怨みを見せて、最後の最後にじゃ、次の地獄少女よろしく。それがあいちゃんがやりたかった行いだったんだろうか。果たしてそこに何の意味が・・。


 恐らく終幕になるであろうと思っていたこの三鼎ですが、何かまだ終わらない感じも(^_^;) つぐみちゃんがあそこまで出てきている以上、ゆずきちゃんはここで完結してしまっても、まだあいちゃん自身は完結しないような・・。どうやって幕が下りるのか、とても楽しみです。できれば中途に終わってほしいです(^_^)

WEB拍手を送る


地獄少女 三鼎 五 [DVD]
アニプレックス
2009-04-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【AKS】 『地獄少女 三鼎』 #24
今回は、ゆずきの存在自体がこの世界から消えていく話。 つぐみから、自分の正体を知らされる ゆずきでしたケド・・・ ...続きを見る
【T】 Tsukasa♪'s Blog!
2009/03/26 07:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


地獄少女 三鼎 第24話 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる