LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS ガッチャマン クラウズ 第3話

<<   作成日時 : 2013/07/27 09:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

誰もが、人のために役立つことを喜びと感じる世界を。



 すっかりMESSと仲良くなってしまったはじめちゃん。いろんなものがわからないまま、結果として人々は救われていました。元々が不明確だったということや、もしかするとMESS自体に悪意はなかったのかもしれない。人が勝手に危害と感じていただけで、MESSにとって人は、小石程度の存在だったのかもしれない。
 何もわからないまま、そんな憶測だけがガッチャマンたちの間で結論となりかけていました。
 けれど悪意は確実に存在はしていた。


 お話は再びGALAXへ。GALAXが目指す世界の変革。GALAXが「敵」としている存在は、言わば世界そのものであって、その闇の大きさと深さは、一朝一夕でどうこうなるレベルではない。ただ、根本にあることは、人が人のために役立つことをしてあげようという想いの積み重ね。その想いに人が喜びを感じるか否かの、ただ、それだけ。

 純粋に自身の判断だけで、自身の行動が取れなくなっている仕組み。そこには根拠や責任が表裏一体となっているからであって、それが当たり前な世界。何もないのであれば、そこからはたとえそう感じたとしても、何も起こせない。つまりやはり何もない世界となってしまう。

 狭い路地を猛スピードで走り去っていった乗用車。それは前回もあったけれど、常識非常識で捉え、多くは「非常識」だと判断する。でもそこには、本当は、根拠はない。はじめちゃんのいうとおり、急病人を乗せていたかもしれない。産気づいた妊婦を乗せていたかもしれない。でもはじめちゃんのいうその想像も、やはり「根拠」はない。つまり言いたいことはそういうこと、ってことだよね。


 明確に、正直刷り込みに近いような構成ではあったけど(^_^;) 世界のアップデートは、言うほど複雑なことではないような。それでもやはり困難に違いないような。そんな印象を受けてきました。次回はいよいよクラウズが。


 


Crowds ガッチャ盤(期間限定)
バップ
2013-08-21
WHITE ASH


Amazonアソシエイト by Crowds ガッチャ盤(期間限定) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


ガッチャマン クラウズ 第3話 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる