LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬼物語 第忍話「しのぶタイム 其ノ壹」

<<   作成日時 : 2013/10/27 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

その暗闇は。



 地味に前々回までの囮物語がイマイチ過ぎたんだけど、あれはあれでまだその先があるとして、今回のお話は傾物語の続きの時間軸。

 突如として現れた、実にあやふやで不確かな、でも確かなのは、それが「怪異」でありとても太刀打ちできるような相手ではないということ。敷いてあげればそれは「暗闇」そのものであり、にも関わらず視認ができない。認識が出来ないに等しいといって問題ないにも関わらず、でもそこにいること、追いかけてきていることがわかってしまう。その距離感すらわからないのに。

 真宵ちゃんの触覚が1つ折れ、肩がちょっと顕になってまもなく、その窮地は斧乃木ちゃんがこれまた突如と現れて切り抜けることができました。彼女があそこにいたことは果たして偶然なのか。彼女の仕事とは一体なんだったのかはわからないまま、阿良々木君と真宵ちゃんはなんとかその「暗闇」から逃れた。

 あとは忍ちゃんが目を覚ますのを待ち、なんらかの情報を得られれば少しは進めるだろうし、何も得られなければなんとか戦闘するしかない。

 斧乃木ちゃんにこれもまた突如として唇を奪われてしまった阿良々木君は、忍ちゃんにパンチ一発お見舞いされた後、彼女からその暗闇についての情報を得ることとなりました。
 しかしその暗闇は、怪異ではなかった・・・


 忍ちゃんから語られる400年前の出来事。それが今回の「鬼物語」の本線のようでした。幼女姿の忍ちゃんが大好きなのだけれど、過去のお話、となると、あの色っぽい大人忍ちゃんが登場なのかな。もちろんそちらはそちらで魅力的です(^_^;) また登場人物ががらっと変わってくるのかなぁ。



鬼物語 (講談社BOX)
講談社
西尾 維新


Amazonアソシエイト by 鬼物語 (講談社BOX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


鬼物語 第忍話「しのぶタイム 其ノ壹」 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる