LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 凪のあすから 第15話

<<   作成日時 : 2014/01/17 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

帰ってきて"ほしかった"人が、帰ってきた。帰ってきてしまった。


 第2部へと入り、束の間、かもしれないけれどヒロインが交代。おおよそ想定通りであった時間経過を経て、前回、まずは光が帰ってきました。


 この2部からは自分が抱いていた1部での懸念点が払拭され、さらに希望まで叶った形になったため、一気に好きになりました。見続けてきて良かった(^^)

 団地妻っぽくw 見事に色っぽくなってまずます大好きになったちさきちゃん。彼女の視点で物語は始まりました。彼女があの頃、好きだった人。そして今、好きな人。
 そして今回は美海ちゃん。彼女視点がちょっと増えてたかな。彼女があの頃好きだった人、そして今も、好きな人。


 ちさきと光が再会した場面。光が自然と「この曲・・・」って彼女に訊いて、咄嗟にちさきも答えてくれていました。お互いとても驚いただろうし、覚悟していただろうけれど、それでもやっぱ驚きが強かったはず。でも、お互いすぐにわかった。一瞬でわかった。時間は、その時一瞬だけ、二人の時間は繋がっていました。


 変わること。
 ちさきはずっと変わることを恐れていたけれど、光にはそれは伝わりませんでした。けどあれから5年。光は理解できていました。その上でちさきに対しては、「変わってなくて安心した!」と、笑顔で答えてくれた。その笑顔が嬉しくて、変わってないって言ってくれたことが嬉しくて、ちさきちゃんは思わず泣いてしまった。もちろん見ている側も泣きそうでした(^_^;)
 彼女がずっと悩み苦しんでいたこと。それは光にとっては、なんてことはなかった。それが幼馴染ってこととも取れるけど、やっぱあれは光だったから、だろうな。彼は最初から小さいころからちさきのことや他の子たちも、本当の目で見てくれていた。彼女の本質を見てくれていたからこそ、時が流れ再会しても、その本質は変わっていないことを理解してくれました。

 人は思っている以上に「変われない」。それは誰もが思うところがあるだろうし、だからこそ「変わりたい」って思う。と、同時に、変わろうとするためには勇気がいるし、いざ本当に変わってしまうことに対しては恐れが生まれる。
 大切なことは変わることじゃなくて、「変わろうとすること」それは必然に成長と呼ばれることだと思います。


 美海ちゃんも彼のことを思って、そして彼の笑顔を見て、嬉しいという気持ちを持ってくれていました。光と同い年になってしまったというアドバンテージ。これは非常に大きいだろうな。

 ぶっちゃけもうこのメンバーで進んでもらっても、と、思ったりするけどw OP見るとな、、まだ、、ね。いや、それでも楽しみです。関係性はどう、変化していくのか。





凪のあすから 第1巻 (イベント応募券付き初回限定版) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2013-12-20


Amazonアソシエイト by 凪のあすから 第1巻 (イベント応募券付き初回限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
凪のあすから #15
いきなり目覚めた光は、変わってしまった世界に戸惑います。光が引き上げられた。そのことを、ちさきは紡から聞かされました。それなのに、ちさきは光に会いに行くことがで ...続きを見る
日々の記録
2014/01/18 19:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


凪のあすから 第15話 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる