LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 一週間フレンズ。 第2話 「友達との過ごし方。」

<<   作成日時 : 2014/04/15 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

ともだちまでの過程。


 短期的な記憶しか保持できない。そんな病があるんだと初めて知ったのは何かのきっかけで読んだ「博士の愛した数式」が初めてでした。その後、シャフトによる「ef」で。そして今回この作品で、という流れで。

 自分の記憶が欠落しているんだということを、まず理解することが困難なものと思うし、それを維持したいと思うのなら、外部記憶に頼らざるをえない。彼女は長谷君に提案されるまで、その記録することを、ただの一度も行ってこなかったんだろうか、と、1話目でまず思ったんだけど、今回の彼女の反応を見ると、初めてではないのかも、とも見て取れました。外部記憶にすべてを委ねることはできない。一日の出来事を読み返すことくらいは容易くとも、1年続けたらどうなってしまうのか。想像しやすい未来でした。

 藤宮さんは記憶が少し残っていると、嘘をついてしまったんだけれど、そのことに長谷君はすぐに気づいてくれました。主人公=スルースキルの塊、という公式を覆す偉業です(^_^;) でも少しだけ流れに違和感は感じたかなあ。あの気づき方ができるなら、提案する前に気づけたようにも見えてしまって。もっと慌てる評者があっても良かったようには思いました。彼女を想っての応対だったのかもしれないなぁ。

 進んでいるようで進まない。でも実は少し、進んでいる。決して未来はハッピーエンドは困難なテーマに見えますが、この作品はどう進んでくれるのか。こちらも原作未完、ってところだけが不安要素です。。原作はもう終わりそうなのかどうか・・・
 とにかく藤宮さんは心から可愛いと思える女の子なので、どうにか幸せな未来を、って願ってしまう。願いながら見ていきます。




一週間フレンズ。(1) (ガンガンコミックスJOKER)
スクウェア・エニックス
2012-06-22
葉月 抹茶


Amazonアソシエイト by 一週間フレンズ。(1) (ガンガンコミックスJOKER) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
一週間フレンズ。 TokyoMX(4/13)#02
第2話 友達との過ごし方 公式サイトから「友達との記憶が一週間で消えてしまう」。その言葉通り、月曜日に 香織は祐樹との記憶を失くしていた。それでも香織と友達になりたいと願う祐樹は、彼女にある提案をする。 何度でも言えば良い、俺と友達になって下さいと。いきなりなんですか、と走り去る香織。落ち込む長谷、将吾が頑張るんじゃなかったのか。 火曜日、屋上でランチに再挑戦する。身構える香織に記憶が消えるが知っていることを話す。それでも私と?先週の事を聞いて笑顔になる香織、一緒にランチを食べる。 水曜日、忘れ... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2014/04/15 00:45
一週間フレンズ。 #02 「友達との過ごし方。」
ガンガンJOKERで連載中、葉月抹茶先生の「一週間フレンズ。」の第2話。 ...続きを見る
ゆる本 blog
2014/04/15 00:48
一週間フレンズ。 第2話「友達との過ごし方。」
1週間経つと記憶リセットが予想以上に切ないですね。 あんなに楽しそうに笑ってたのに、おしゃれもしてたのに。 書き留める行為は以前もやっていた感じでした。 自分の字でちゃんと書いてるのに、記憶に無いからどうしようもない。 それでもまた最初の一歩から。 ...続きを見る
のらりんすけっち
2014/04/15 09:42
一週間フレンズ。 #2
友達の記憶が消えてしまう藤宮に、祐樹は日記を書くことを勧めるのでした。一週間が経ち、藤宮は祐樹のことを完全に忘れていました。しかし、楽しそうだった藤宮のことを思 ...続きを見る
日々の記録
2014/04/16 19:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


一週間フレンズ。 第2話 「友達との過ごし方。」 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる