LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋物語 ひたぎエンド(上)

<<   作成日時 : 2014/07/20 14:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アニメ界のピンクパンサー、戦場ヶ原ひたぎさんご登場です。


 今回のキャラコメは3話それぞれバラバラ。1話目は古参兵羽川翼ちゃんと、新参兵こと、忍野扇ちゃん。本気でそりが合わない、仲の悪い二人を敢えて一緒にしてきました。もうキャラコメの組み合わせ限界に到達しているようでw これまでになかったパターンをどんどん入れ込んでくる見たいです。

 しばしば、二人同時に、同じセリフを言っているかのようで、実はちょっとずつ語尾とか変えて喋ってくるところは、何かもうプロを感じました。あれほどまでに同時に喋ってて、釣られて惹きこまれたりしないのかって。

 さすがに1話だと物足りないって思うのは、これまですべてのキャラコメを見てきた人たちにとっては、同意いただける心境ではないだろうか(^_^;) あっという間に翼さんは、最悪に嫌いな扇ちゃんと、さらに嫌いになって直帰していきました。下巻での再登場を切に長っていますw ほんと言い争いしてたら終わってました。

 2話目は引き続きの扇ちゃんと、これまた今作品切っての悪性格キャラ、阿良々木月火ちゃん。
 全くもって現実を受け入れようとしない。自分大好き自分最高な月火ちゃん。心の強さはチキンというよりはフェニックス。どっちが一位で二位なのかは明言していなかったものの、扇ちゃんは出番がまだ少ないから、今のところは月火ちゃんかなぁ(笑)

 アニメではさらりと出てきていた扇ちゃん。彼女は一年生で、秋に直江津高校に転校してきたばかり?の子であり、忍野メメさんの姪っ子。1話目とは異なり、進行役がちゃんとできていました。彼女の進行でこれまでの物語シリーズの振り返りなんかもコンパクトに入れてきてくれて。

 性格悪い同士、相性はどうなのかと見れば、これちって問題もトラブルもなくw いつも以上に平和に終わっていました。やはり性格が悪い者の本領が発揮する相手は、「性格のいい人」であることが実証されたに過ぎません(^_^;)


 3話目は久しぶりな?ガハラさん、と、引き続きの月火ちゃん。
 キャラかぶってる系です。互いに自分を褒めることにしか、この副音声を勤めていない者同士。
 これまでの副音声を振り返ってもくれていました。やはりというか、わかってはいたけど羽川さんの出演数がトップで11回と。さすが副音声の女王。つばさキャットあたりがもう一番大変だった頃です。終始ガハラさんは彼女との関係を親友と呼び、神原さんとの関係は、そうは呼ばないところ、悪意が感じられつつもw まぁ、それくらいの距離感が彼女たちの関係ってことで、悪いわけじゃない。

 何よりも月火ちゃんとの関係は、1話副音声やったところで全く近づくことなく、ちょいちょいビジネス敵対応が多く、社交辞令のまま終わった感じでしたw


 次巻でとりあえずボーナストラック的な花物語を除くと、セカンドシーズンラストとなる恋物語下巻。ラストは再びの羽川さんとガハラさん?と言っていたので、またすさんだw いつものトークが聞けそうです(^^)





恋物語 第一巻/ひたぎエンド(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2014-06-25


Amazonアソシエイト by 恋物語 第一巻/ひたぎエンド(上)(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


恋物語 ひたぎエンド(上) LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる