LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 四月は君の嘘 #03「春の中」

<<   作成日時 : 2014/10/25 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

色づき始めた世界。


 公生君がぶつかった挫折。境遇は、彼女には何一つ共感を与えることはありませんでした。音が聞こえない。それを理由に弾かないだけにしか見えない。そう、彼女は言い放つだけ。

 自分が弾くピアノの音だけが、最初は聞こえるけれど唐突に途中から聞こえなくなってしまう。それが彼が抱えていた問題で、それが理由で彼はピアノを辞めていた。それはピアノを辞める理由には相当はしていたと思いましたが、どうやらそれだけが理由じゃないみたい。そこをかをりちゃんに少し見透かされていたようにも思います。弾けなくなったなら、弾こうと努力すればまた弾けるかもしれない状況には違いなく、なのにその努力をした風には見えない。つまり「辞める理由」として受け入れていたのには、「辞めたい」と思っていたからで、理由と行動は逆転していました。


 ちょっとしたカフェにあるピアノで、さりげなくピアノが弾けるなんて、きっと生きている世界が違うんだろうな、って思うほどに想像できない世界です(^^) それが良いか悪いかは於いておいたとしても、憧れはあったなぁ。

 かをるちゃんはどうしても彼に伴奏を頼みたく、かなり執拗にラブコールをし続けました。けれど予選当日になっても彼の心は変わらず。それでもかをるちゃんは彼を見つけ出し、彼が必要なんだということを、心から伝えました。彼女が持っている不安?とは、どんなものなのか。そこも気になるところでした。女の子にあそこまでさせてしまっては、公生君も動かざるをえない。むしろあれでも断ってきたら人としての尊厳を疑いますw

 今回もかをるちゃんの可愛さ、うるさくはない派手さが実にたくさん描かれていて、見ているだけで楽しい回でした。加えて、様々な演出。ラストの桜の花びらが舞うシーンもとても印象的で、心理描写が読み取れる良いシーンだったと思います。次回、二人の演奏シーンが見られるのかなぁ。



光るなら(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
SMR
2014-11-19
Goose house


Amazonアソシエイト by 光るなら(期間生産限定アニメ盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
四月は君の嘘 #3
かをりがコンクールでの伴奏を公生に頼み、公生の抱えている問題が明らかになるお話でした。渡の代役で、公生はかをりと一緒に喫茶店に行きました。バイオリンだけでなく、 ...続きを見る
日々の記録
2014/10/25 20:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


四月は君の嘘 #03「春の中」 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる