LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 四月は君の嘘 #21「雪」

<<   作成日時 : 2015/03/14 18:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

それでも彼女は美しい


 こちらももうラスト間際。回を重ねるごとに、時間が経つほどに哀しみが大きくどうしようもできない哀しみが大きく膨れ上がってきていました。

 一度は集中治療室へと入ってしまったかをりちゃんでしたが、なんとか普通の病室へ。そして彼女は手術を決断していました。生きる意味を、見出してくれた公正君のためといっても決して過言ではない。未練をくれた彼のために、彼女は最後まで上げ着続けることを決めた。どんなに惨めでも、可能性が低くとも、奇蹟が必要だとしても。

 広がる不安を抑えたくて、勝手に良い未来を想像していた公正君は、一層苦しんでいました。もうコンクールどころか、ピアノ奏者としての人生までも途絶えてしまってもおかしくはない状況に追い込まれていた。

 けれど彼は、それでもピアニストであることを、御主人話なかった。
 彼女と同じように、彼は彼女のために弾くことを望んだ。動いた。

 そのバラードは強く、優しく会場を包み、そしてカラフルに色づいていった。ひどく圧倒的な哀しみの中、色づいていた。


 もう手術まで始まってしまいました・・・ もうきっと最後の選択が待っていて、それがエンディングになってしまう。見たいようで見たくない気持ちになっています。どうあっても、生きることを願います。そして必ず二人が笑顔でまた演奏できる日を・・・








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
四月は君の嘘 #21
かをりの病状が重いことを知って、公生はまたピアノが弾けなくなってしまうのでした。病室で苦しむかをりの姿を見て、公生はまたピアノが弾けなくなってしまいました。お母 ...続きを見る
日々の記録
2015/03/14 18:10
四月は君の嘘 フジ(3/12)#21
第21話 雪 公式サイトからかをりの容体が急変する場に居合わせてた公生は、そのショックからまたピアノに向き合うのをやめてしまう。 音楽が大切な人を連れ去っていく…。過去のトラウマが頭をよぎり、公生は再びひとりぼっちになっていた。 渡りからかをりの急な症状悪化を聞く椿。 公生も一緒だったと聞いて紘子に電話をかける椿。紘子が電話するが出ないので部屋に踏み込む。 一人で膝を抱え込んでいる公生だった。今は大事な時だからと無理やり練習させようとする。 無理です。どうして僕はこうなっちゃうの。母さんと元気づ... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2015/03/14 18:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


四月は君の嘘 #21「雪」 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる