LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 終物語 第八話「しのぶメイル 其ノ貮」

<<   作成日時 : 2015/11/28 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「いつだって人生はやり直せるとか、思っちゃってるんじゃない?」


 危機的状況な中、奇跡的にも斧乃木余接ちゃんに助けてもらった阿良々木君と神原駿河。あの鎧武者に余接ちゃんも関わっていると知った阿良々木君は、神原駿河をこの件から切り離して欲しいと余接ちゃんにお願いしました。けれど余接ちゃんは認めてはくれなかった。
 そもそも今回、神原駿河を会わせたい人とは臥煙伊豆湖であり、その理由は、八九寺真宵ちゃんを救うための交換条件。よって、彼女との約束を反故にすることは相当な覚悟が必要で、余接ちゃんにとってみれば、そんな選択肢ありませんでした。むしろ神原駿河のことを本当に心配するのであれば、一緒にいてあげるべきだと。
 素足で顔面ぐりぐりはなかなかにいいご褒美にしか見えませんでした。余接ちゃんになら是非にお願いいたいと思った人しか、この世にはいないはずです。


 事態を飲む込み納得した阿良々木君は神原駿河を背負い、臥煙伊豆湖のところへ向かうことにしました。ノーブラ神原駿河を背負うことにもっと幸せを感じるべきだと切に見ていて強く思った次第です。
 しかしながら目的地には全くたどり着かないという事案が発生。この状況は過去にも経験したことがあり、それは例のかたつむりのせい。どうにも時間も惜しかったため、阿良々木君は早々に臥煙さんにヘルプを求めました。が、これくらいは独力でなんとかしろと一方的にシャットダウン・・・。唯一もらえたアドバイスは「二人で」なんとかしろ。

 そこで阿良々木君は神原駿河に意見を求め、「道を歩かなければ良いのだろう」と、という結論に至り、まるで忍者のように壁の上なんか歩きながら無事公園に到着。無事?3時間かけて到着。
 しかし出会えたのは臥煙さんではなく、忍野忍ちゃん。

 忍ちゃんはどこぞで猫の方と猿の方と対峙していて、途中でこちらも斧乃木余接ちゃんが加勢に入ってくれて無事事なきを得ていました。そこで彼女の過去の話を余接ちゃんから聞いた、と。その話を詳しく聞こうとしたところで、再びあの鎧武者が。



 余接ちゃんの「いつだって人生はやり直せるとか、思っちゃってるんじゃない?」の、下りは、理想や希望を踏まえた上での、現実として聞こえました。心持ちはそう然るべきではあっても、そのまま現実にすることは「不可能」とまではいわないにせよ、相当な困難があって当然。その覚悟を踏まえた上で初めて臨むべきこと、というだけの話。ここだけ「物語」には聞こえなかったなぁ。



 忍ちゃんも無事参戦。彼女がいれば大抵のことはねじ伏せてくれると確信できるけれど、今回は彼女だけではどうにかなりそうにはありません。臥煙伊豆湖さんがどこまで介入してくるんだろ。



終物語 第四巻/しのぶメイル(上) (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2016-03-23


Amazonアソシエイト by 終物語 第四巻/しのぶメイル(上) (完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


終物語 第八話「しのぶメイル 其ノ貮」 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる