LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 終物語 第六話「そだちロスト 其ノ参」

<<   作成日時 : 2015/11/15 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

事の真相。


 育ちゃんのお母さんの行方。その結末は実に狂気じみた、想像することすら恐怖な結末であるとともに、そこまで彼女は追い詰められていたのかと考えるとまた、彼女が抱えていた「現実」が、あまりにも大きかったんだと思い知ることとなりました。


 彼女の母親は、彼女が部屋に引きこもってからのおよそ2年後に既に亡くなっていた。けれど育ちゃんはそのことに気づくことなく、ずっと面倒を見てきていた。母親を、ではなく「母親の死体」を。腐り朽ちるまで。
 死体が朽ちて、人としての原型を留めなくなって初めて、育ちゃんは母親が「いない」ことに気づいていました。だから彼女にとって、母親は「突如失踪」したという認識になっていた。

 心が壊れかけ、五感が崩れ、母親の物理的存在を直視することできず、ただそこにいる、そこに「ある」ことだけを受け取り生きてきた育ちゃん。とてもじゃないけれど想像すらままならない真実でした。どうしてそこまで至ってしまう前に気づけなかったのか。誰も手を差し伸べることができなかったのか。彼女のシグナルを拾えなかったのか。すべては終わっていたとはいえ、それでも尚彼女は叫んでいたのに。
 阿良々木君は真相を知り、二人の意見に反して彼女に全てを伝えることを決意した。

 すべてが丸く収まったかのようなエンディングでした。奇妙な偶然は多く、その起点は忍野扇なのだけれど、その理由はありそうでまだ明かされない。彼女は誰を探しているんだろ。
 老倉育ちゃんは真実を知りそして去っていってしまいました。ずっと前からいたのに、ずっと出てこなくて、ぱっと出てきたと思ったらもう退場。他キャラと同様壮絶に可愛らしい女の子で麻里奈さんだったこともあり大変残念でなりません。結局怪異は出てこなかったように思うんだけれど、それもまた後日明かされることはあるんだろうか。もう扇ちゃんが、ってことで括られるんだろうか。


 結構インパクトある終わり方で、物語として完成されていたように思います。唐突な新キャラをこういった形で出してくる、その説明をちゃんとやった上で物語に組み込み、時系列に齟齬がない形で埋めていく。もうだいぶ埋まってきたのかな、って思うけれど果たして次は誰の物語なのか。楽しみです。




終物語 第二巻/そだちリドル (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2016-01-27


Amazonアソシエイト by 終物語 第二巻/そだちリドル  (完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


終物語 第六話「そだちロスト 其ノ参」 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる