LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #19 「願いの重力」

<<   作成日時 : 2016/02/23 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

地球外縁軌道統制統合艦隊の出番です。


 地球圏へと到達し、もう間近というところで三日月たちを出迎えてくれたのは、カルタさん率いる地球外縁軌道統制統合艦隊の皆々様。カルタさんはなかなかに個性的な指揮官で、ガエリオさんとは幼馴染。割りと表情にいろいろ出る方でした。統制が取れているようで、実力が伴っていない感じかなぁ(^_^;)

 鉄華団側はユージンが命がけで彼等と対峙。彼は一人で、戦艦二隻も阿頼耶識システムで操りながら、見事オルガたちを降下させるための時間稼ぎという大役を果たすことができました。ただ、かなりの血を失っていたかもしれませんw

 オルガたちは地球降下準備をを粛々と進めていたところ、ガエリオ&アインコンビが再び。さらに増援?!、ってところでは嬉しいことにラフタさんたちが加勢に駆けつけてくれました。テイワズが手を出せない、ってなってからもう彼女たちの出番もないのかと思っていたんで良かった(^^)
 戦闘はぎりぎり三日月たちの方が優勢となりあと一歩というところで、アインさんがガエリオを護るために盾に!? けれどなんとか脱出ポッドで命は助かったように見えました。
 正直、アインさんは最終ライバルになりうる存在だと思って見てきていたんで、結構焦りましたが、無事で良かった・・・ 確実に彼の中の、鉄華団に対する敵対心が高まってきていると想います。

 ここまででもかなりな戦闘量でしたが、カルタさんは黙っちゃいない。MSを送り出し、なんとしても三日月たちを落とそうと必死。しかしこっちにもまた加勢が。真紅のMS「グリムゲルデ」を駆るそのパイロットは、モンタークさん。すぐさま正体を看破る三日月の感覚はもはや阿頼耶識だから、というだけではないんだろうな。

 大気圏内での戦闘といえば、爆走。カルタ隊の中にいた忠誠心・意識高い系のパイロットさんが頑張り過ぎたもんだから、三日月だけがシャトル内に回収できず。あわや大気圏に燃え尽きてしまうのかという場面では、三日月は過去にオルガと交わした会話を思い出していました。
 オルガが導いてくれる世界。
 それを三日月は見たくて、ここまできた。その希望とも夢とも取れる未来を得るため。


 挿入歌からの大気圏突入は、またまた熱いものがありました。クールな物言いの中にある、彼の確たる決意。その熱量が珍しく目に見えて感じられた回だったと思います。

 次回はいよいよ地球。これでクーデリアさんともお別れ・・・、となることはきっとないので(^_^;) さらにオルガたちは歴史の中心に吸い込まれていくんだろうな。



 



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2015-12-24


Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #19 「願いの重力」 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる