LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #25 「鉄華団」

<<   作成日時 : 2016/03/27 18:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

勝ち得た世界。


 オルガは戦場の中、なんとか蒔苗氏を送り届けることができ、且つ議会をひっくり返すこともできました。加えてクーデリアの想いもいくらかはあの場にいる議員たちに伝わったかな。

 クライマックスの1つ目はマクギリスvsガエリオ。マクギリスの精神はかなり昔に修復不可能なくらいに破壊されているようでした。彼の言動にはもはや人の血など微塵も感じられない。己の目的のために、文字通り友情も愛情も何もかもを擲って、さらにそれらを一切犠牲とも感じていない言いようでした。最後には己の父親すらも。彼の過去が、後半の原動になりそうです。
 もう一つはアインvs三日月。アインは結局使われるだけ使われただけに見えました。ただどうなんだろ。既に人の形をなしていなかっただけに、もしかしてまだ再起もあり得たりするんだろうか。。。 アインの完全なる阿頼耶識システムの前に、敗北がよぎった三日月でしたが、自ら融合を深め、ほぼほぼ一体化してなんとかアインを撃破。その代償は少し大きかったように見えましたが、MSで戦う分にはさほど、なのかな・・・ 片腕や片目だけなら、あの世界での技術でどうにかしてくれるかもしれない。

 三日月が求めていた世界。戦い終えたあの光景が、その一つだと、オルガは教えてくれました。
 そして鉄華団はまだ走りだしたばかり。
 秋へと続く後半は、マクギリスが前面に出てきそうです。といってもう彼しか残っていない、っていった方が正しいか(^_^;) ギャラルホルンが衰退していったとして、彼はどう、世界を変えていきたいんだろうか。ギャラルホルンさえいなくなればいいって感じではないだろうし。。


 新なガンダム。その責務を十分全うできていたのではないかと思いました。思えばTVシリーズではSEEDくらいからかな。。ガンダムという冠に見合うかどうか、と期待して見てきたけれど、どれもが自分にとってはガンダムとは呼べるものはありませんでした。その後唯一がユニコーンでした。このオルフェンズはTVシリーズで初めて、納得の行くガンダムだったと思っています。それもまだ半分終わっただけだから時期尚早かもしれないけど。。 是非超える作品を見届けたいです。

 




TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」Original Sound Tracks
ランティス
2016-03-23
横山克


Amazonアソシエイト by TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」Original Sound Tracks の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #25 「鉄華団」 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる