LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏目友人帳 伍 第五話 「結んではいけない」

<<   作成日時 : 2016/11/03 17:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

視えなければいないも同然。


 久しぶりの多軌さん。
 彼女の家にどうやら妖が迷い込んでしまったらしく、夏目と一緒に捜索することに。そこでは家から出れないでいる妖が、ざっと3体ほどいらっしゃった(^_^;)


 多軌は祖父の術で普段は視えない妖を視ることができたので、1体は直接会話して事情を聞いて家から無事出てもらうことが出来たのだけれど、残りは夏目が取り持ってくれていました。
 モサモサした方の妖はとても律儀で、多軌に何か礼ができないかとも考えてくれてて、みんなとねずみっぽいうさぎの妖の相方を探してくれました。

 無事ねずみっぽいうさぎの相方が見つかったとき、ぶっちゃけ視えてないものの、多軌にも別れ際を見届けさたいと思った夏目。でもモサモサした妖は、それは無用の事と静した。

「元々結ぶだけ無意味な縁なのだ。」

 モサモサした妖は、そう、夏目に告げました。
 それは妖として、永い年月を生きているからこその言葉にも聞こえたし、叶わない願いを持ち、苦しみから生まれた諦めの言葉にも聞こえました。

 彼が黒板に書きなぐったというその言葉たちからは、彼の想いが溢れていました。
 多軌に美しい景色を一緒に見てほしい。その言葉たちが意味する想いは、とても切なく、彼の優しさが感じられるとても素敵な詩でした。


 結んではいけない縁。たぶんそういうのもあるかもしれない。でも少なくともモサモサと多軌との縁は決してそうではありませんでした。視えなければそれはいないも同然、ってことも、本当は違う。たとえ視えなくとも人は「信じること」はできる。目に視えないものの方が、人は想いを強く感じる、思いを馳せることの方が多いからね。


 モサモサ役の田中美央さんのお声がまた実に素晴らしく、想いが篭っていました。ゆっくりと静かに優しく、それでいて芯があって。モサモサの想いが伝わってきました(^^)
今までで一番人らしい妖だったんじゃないかなぁ。


 次回はまたでっかいの出てきてた。ちょっと会話できてなさげでしたがw
 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夏目友人帳 伍 テレ東(11/01)#05
第五話 結んではいけない 地学教室の黒板に文字を発見した。西村には見えない妖かしが書いた文字。妖かしの陰を見つけるが見失う。多軌と偶然出会い、話をすると自宅に妖かしが居たのだった。詳細を尋ねると、自宅で不審な音が聞こえる。怖かったが祖父の残した陣で姿を見る。毛むくじゃらで巨大な妖かしが家から出られなくなっていた。祖父は結界を施したので、迷ってしまったらしい。出るための案内図を手渡すと無事に脱出できたらしく 合図の梅の枝が玄関に置かれていた。 ニャンコ先生は多軌から新しい妖かしの臭がすると 聞かさ... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2016/11/09 13:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


夏目友人帳 伍 第五話 「結んではいけない」 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる