鋼の錬金術師 第49話

等価交換。その真意は実際の”世界”には当てはまらない。
それは詭弁ではなく、事実であり、真実。
それでも、それはわかっていても、エドはダンテを、
目の前の事実を負かさなくては、何よりも自分が前へ進まない。

エドはすべては何のために彼は戦っているのでしょうか。
やはり己のため、弟のため、師匠、母、父、、、。

すべてが収束しつつあります。
アルの運命はもはやどうでにもなりそうです。
どちらになっても、もうその悲劇は始まっていてます。。

等価交換は果たして真の原則か。
何かを得るためには同等の代価が必要なのか。
賢者の石があればそれは無視されるというけれど、
たとえ石がなくても、すでにもう・・・・。

もう限界まで張り巡らされてます。
鼻噛まれてましたね、わんこ。。痛そう・・・。

あと2話。静かに見守ります。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック