KURAU Phantom Memory 第23話

王警視正が切り札だったと思いきや、、だけどそれはそれで案外あっさり拘束されてしまって。
ほんとアヤカのいうとおり・・・。

見る見るうちに弱っていくクラウ。今まで以上になりふり構わず迫りくるヴィント。
長官拘束に成功したのに、彼の行動はもうただの殺戮でしかなく、止まりませんでした。

そしてとうとう、長官を。。目的を全うしたヴィントはリナクス放出に走り出しました。
次々とあふれ出るリナクスを、クラウは再び押さえ込もうと戦います。

これ以上の悲劇を始めさせてはいけない、世界に出てきてはいけない。
その力、クリスマスは不安を感じざるを得ず、ヴィントを押さえ込んだ後、急いでクラウの元へ・・・。


いよいよ次回で最終回。
アヤカさんのやるせない思いはちょっとかわいそうでした。
クラウ父、まだこの期に及んでまだあんな戯言を。自分の娘ならなお、信じるべきです。
ダグさんはやはり抑えてきて、話がまとまりそうです。

正直あの双子で終わりまで持ってくるとは思いませんでしたし、長官の末路も、
あんなもんかなぁ、と。悲劇だけってお話はやっぱ見ててもあまりいい気持ちじゃないです(^_^.)

次回はエピローグに近そう。クラウとクリスマス。二人でひとつです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック