ふしぎの海のナディア 第35話

とうとう故郷に着いたナディア。すべてが打ち明け、解かれ、始まりました。

きっとこの先、何年経っても好きであり続けます、ナディアは。
リアルタイムでは見てません。確かレンタルで見たと思います(ちょうど十年前だ、、十年・・・。

すっかりこの回の頃にはGAINAX、庵野監督に捉われてたのでしょう・・・。
トータル的なバランスを考えると、かなりバラバラはお話にはなってしまっているんですが、

フェイトさんの回でかなりもう引き込まれてました。
そしてこのラスト5話。すべてを吹き払う良さと思ってます。

明日があるから、生きている。

自分が何者かがわかり、今いる世界そのものを拒絶したナディア。
でもジャンたちは、もう何が起きても揺るがない絆で結ばれていました。
その暖かさは決して無償ではなくて、それはナディアが自ら与えたがための、暖かさでした。

そしてあの忌まわしき音が空に響いて・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック