ハウルの動く城

公開からかなり間も空いたところで、観てきました。

ソフィが中盤から時折おばあちゃんと若い娘の姿と入れ替わりうつりゆく描写、
相変わらずな桁違いな街の自然な風景、大好きな飛空挺。めちゃくちゃかっこいいハウル。
いつもの少女w 愛くるしい犬やらなんやら(^-^)
どこにも落度なんて存在してなくて、大変楽しめました。

前作との比較でこれほど評判が変わっているのだろうか。
大きな作品ならそれほど評が分かれるのはごく当たり前なことで、気にもしてなかったけど、
それでもちょっと酷評が多く目に付いたので、気になり始めてました。
落ち着いたら行こうと思って。結局DVD買うんだけど(^-^)

確かに倍賞さんのキャスティングに自然さは感じられませんでした。最後まで。
少女と老婆とを代わる代わるに表現するシーンを入れるのであれば、
その都度キャストを入れ替える、っていうめんどくさい演出もありだったのではないだろうか。
逆に、そのシーンがあったからこそ、キャストは代えられなかったのかなぁ。

ジブリの良さは、そのキャスティングも素晴らしいということ。
ただ今回のこの点は及第点だったかどうかと言われると、
正直アニメファンからしてみると、うまく飲み込めないと、思いました。


結構千と千尋に似たつくりに見えてきてしまってたけど(^_^.)
でもそれが今後のジブリの導となっているのかと思いました。

紅豚より後のジブリと、以前のものとではまったく持ってその作風を変えてしまったジブリアニメ。
それを受け入れられるか否かはもちろんお客さん次第なのですが、
少なくとも自分は今後もジブリアニメを見ていくと思います。
あれほどの映像美は優秀なスタッフや機材なんて全く持って関係なく、
その積み重ねてきた技術であり、進化させようとする力そのものです。
彼らは紛れもなく「映画」を創っています。


ハウルを愛したソフィ。彼女は彼の哀しげで何かをすべて諦めてしまっているその眼に、
自分を重ねたのかな。
何かのためにしか動けない人は多いと思う。
ハウルは彼女のため、彼女を守るために逃げることをやめた。
ソフィはハウルのため、彼を助けたいために城に留まることに。
お互い自分のためには動けなかった。ただ逃げるしか、ただ帽子を作るしか。

今回彼らが戦っていた戦争は何を意味していたのだろう。
戦いこそ人類の歴史であるという大きな流れが
今回ハウルには入っていてちょっと昔を彷彿とさせたような(^_^.)

あと染み渡る音楽。ジブリはすべてが好きですが、音楽もまた今回とてもよかったです。
今回は一点集中してました。
城の動く様とその音楽は完全に調和していて、
まさにこのために創られた音楽であると、
誰しもが感じ取ることができたんじゃないだろか。

ハウルが最後に得た力、ソフィが最後に受け止め本当にハッピーエンド。
珍しく?ハッピーエンドでした。心温まるとてもいい終わり方でした。


大いなる期待を持って見ると
たぶん何でもそうなんですが、想像自体もまた肥大化し、
結局何を見ても満足がいかなくなる。
結果それがおもしろいかおもしろくないかは別問題で、
ちゃんと観れる、見渡せる作品であれば
それは既に良い作品であるといえると思ってます。

でもでもファンであれば「ジブリなら」という思いはきっとあるはず(^_^.)
それだけもう別格なんだろうな。
一般人(誰?)から見るとそうかもだけど、
普段からアニメに浸かっている自分としては、
紛れもなくこの「ハウルの動く城」は
とてもよい作品で(ジブリ大好きであるが故かもですが)
期待に応えてくれたと思います。
観てよかったと思いました。それだけで満足(^-^)

ハウルのかっこよさはかつてない程だった。あんなキャラ初めて。黒髪でもね。
そして三つ網は切れるために存在しています。
それだけで涙が出そうになりましたw

次作も大変期待できます。正直何年でも待てる。それがジブリかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぶろっぐ‐ふろっぐ
2005年01月06日 23:12
はじめまして。ぶろっぐ‐ふろっぐと申します。
http://blog-flog.at.webry.info/
「今回彼らが戦っていた戦争は何を意味していたのだろう。」
…というご感想に対して、
私は、<火>に囚われた人々…という観点から、
この映画を観ていたのですが、いかがでしょう。
<魂>を<火>に囚われていたハウルは、ソフィーに救われましたが、
人々は、<火>に魅せられて、戦乱の時代へ突入…?
という、主役と時代背景のコントラストだと感じました。
どうでしょう…。
LUNE
2005年01月08日 23:03
はじめまして、こんばんわぁ

とても今回「火」は象徴的に描かれていましたね。
カルシファーがかなり脇役を飛び越えた存在でしたし、
戦火という意味で大きく繋がりが持っていたと思います。

具体的な説明がない分、今回の戦争は内面的な表現の一つとして
描かれていたという考えは自然な感じがしました(^.^)

先生があっさり終わらせられるようなことを言っていたのも、
そういった意味合いがあるのかもですね。
まずいです、もう一度観たくなってきました…
DVD購入してまた見返してみると結構違った印象受けるかも、、(^_^.)

この記事へのトラックバック