機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第32話

ステラ・・・。

デストロイ猛攻。見事なまでに融合されたそのフォルム。惚れます。
でかいのはやっぱいいね。ものすごいエネルギー量でした。

今回も命が消えて行きました。
スティングさん、あのオーブの3機にやられてしまいました・・。
彼のその最期にドラマはありませんでしたが、
戦場の死、として捉えるのであれば、最もリアルで、悲しい結末でした。

猛攻。
既に暴走気味のデストロイ。限りなく強く、限りなく大きく、絶対的な力を持っていましたが、
またしても突如現れたアークエンジェルと交戦。

しかし護衛があの2機だけとは・・・。正直フォローできる味方がもっといなければ、
巨大MAの運命はいつの世も同じです。。
ましてやその相手が人知を超えたフリーダムであれば尚の事・・・。

ネオさんもフリーダムの手に。。尋常ではないです、もう。
キラ君、まだあまり本気っぽくもないから余計怖い。

遅れてシン君も単機で加勢。しかしその巨大MAのパイロットがステラだと知り、
その攻撃の手は完全に止まりました。
ネオさんが教えた、というこの事実はどう受け止めればいいんだろう。
シン君の思う所はネオさんには向かなかったけれど、正直残虐です。

そして一瞬、ステラのシン君へのすべての記憶が戻ったかのように、
デストロイもその動きを止め、、、とそれも一瞬のことで、
ちらっ、とインパルスの後ろにフリーダムが見切れた!!どいてよ、、、(>_<)

それであっさり暴走ステラに逆戻りし、最期はキラ君の鉄槌により爆滅。
シン君は一人で、たった一人で繰り返すことを運命付けられていたのですね。。
あまりにあまりで、様々な意味での悲劇の主人公。
彼はもう壊れてもおかしくないのではないだろうか・・。

マリューさんも衝撃の人を見つけてしまい、展開は加速度的に進みました。
自分の中でステラはもうだいたい前回で呑み込めて、今回できっちりとしてよかったです。
もう少しシン君とステラ、最後に話して欲しかったかもなぁ
ここで急ぐ必要性はないと思ったから(希望ですが(^_^.) もっと時間かけてくれてもよかった。

ステラはシン君に愛されたまま、ステラはシン君に一瞬でも救われたと信じたい。
彼女のその運命。シン君は結局変えられなくて、繰り返しだったのかもしれない。
けどステラの心の僅かな記憶の中に、シン君のことがとても大切な記憶として残っていたから
だから最期に会えた。そう思います。


この作品を見ている最大の理由を失いましたがw
まだ議長がいらっしゃいます(^.^) キラ君の運命もまだあります。
あってはならないMAが今後も出てきてくれること、切に願います。

ステラの歌、またいつか聞けるといいなぁ・・・。

この記事へのコメント

おがたろう
2005年05月29日 21:10
こんばんは。

>ネオさんもフリーダムの手に。。尋常ではないです、もう。
>キラ君、まだあまり本気っぽくもないから余計怖い。
なんか、キラは怖いですね。。。
"SEED"の時とキャラクターが変わってしまった様に思うのだが。

>ステラはシン君に愛されたまま、ステラはシン君に一瞬でも救われたと
>信じたい。
なんか皮肉な事かもしれないが、これでやっとステラは
”暖かい場所”=シンの心の中にたどり着くことができたのかも
しれない。

ネオは、ある意味、シンくんとの約束を守っていたかもしれない。
ステラにとってはモビルスーツのコクピットだけが、生前の彼女が
落ち着ける場所であり、彼女にとっては”暖かなところ”だったのかも
しれない。

だから、ネオはシンにコクピットにステラがいることを知らせたのだろう。

シンくんは、本当にアレではいつ壊れてもおかしくない。
第2のカミーユだな。
2005年05月30日 22:47
こんばんわぁ

>ステラにとってはモビルスーツのコクピットだけが、生前の彼女が
>落ち着ける場所であり、彼女にとっては”暖かなところ”だったのかも
>しれない。

そう思うことにします・・・(>_<)

生まれた瞬間から運命付けられていたといっても過言ではないと、
思いますが、やはり心の中では
「もしかしたら・・」と思ってしまっていました。

自分の中でのSEEDでは
ステラはかなり大きな存在でした。

>だから、ネオはシンにコクピットにステラがいることを知らせたのだろう。

ネオの存在、彼が"彼"である瞬間だったのかもしれませんね。

この記事へのトラックバック

  • SEED DESTINY 32話

    Excerpt: 最近、聞いたこともない軍規違反をやらかしたりビグザムの登場に驚いている全国のSEEDファンの皆様!早速感想に入ります! Weblog: CODY スピリッツ! racked: 2005-05-28 22:53