ああっ女神さまっ 最終話

恐怖の大王との最後の決戦です。

螢一に転移した大王を、神の雷ではなく、戦闘部 ワルキューレのリンドが降臨しました!
今後の展開にやや矛盾が生じるかもだけどw 今度はもうTVでやらんからいいか(^_^)

ベルさんとリンドが戦うことになるとは。
でも螢一の必死の抵抗を目の当たりにして、リンド一時休戦。
彼女の力はやっぱかなり強いんだな。

そしていよいよ最後。鎌で鎖を切られるも、
ベルダンディーはなんとしても螢一を救うため、彼を救えないのならこの世界の意味もない。
なら、彼女は自分が消えようと大王に転移されることを望みました。

しかし魔族と神族とでは転移ができず、
見事大王はFDDにw転移して磁石でさよなら。螢一は助かりました。

「あなたのこと、好きだから・・」

ユグドラシルシステムダウンで女神の契約は消失したけど、
もちろんベルダンディーは螢一のいる地上に残る事に。めでてしめでたしです(^_^)

最後のボードにちらっとペイオースとかいたなぁ
彼女が動くところもいつかみれると嬉しい。


終わって見ればほぼ原作どおりのお話でした。
だからといって自分はぜんぜんおもしろく懐かしく見れてよかったと思います。
いつまでも見ていたい作品のひとつで、まだこの先たくさんお話はあるから、
時々やってくれるといいなぁ もうないだろか・・・。

「変わらない」彼女の想いが、これから変わらなくてはいけないときがくる。
時間の流れの差異は彼女にどんな選択を迫るのか。
原作も気になりますが、TVでも別に夕方とかでもいいと思うんだけどまた是非見たいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック