タイドライン・ブルー 第2話

今何を創りたいのかはっきした作品です。
どこかひとつ、一本境界線を引いて、その上で物語がリアルに進んでいる。
ちゃんと現代であることも、忘れずに描いていくのは大変だろうなぁ。

わかりやすいし、たぶんおもしろいと思います。

ティーンから貰ったバッジを持って、イスラと赤ちゃんを連れて
指示された場所へ向かったキール。そこには小さな船とジョゼと呼ばれる、
ティーンと同じ制服を着た女性がいました。

彼女に助けられ向かった先には巨大な潜水艦が。
今回はこの潜水艦の紹介のさわりと、ティーンとキールのちらっと見えた過去のお話でした。

最後に敵に追いつかれていたけど、
艦の前方に蠢いていたもの、あれがドゥーラヴィーラ。具体的にはなに?

突如として巻き込まれたキール君たちですが、
その出会いは来るべくしてきた運命のようでもあります。

まだまだ見えてはきませんが、潜水艦ちゃんとしてそうな感じだし、
とても落ち着いたトーンですし安心はできそうでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • タイドライン・ブルー #2「裏切者」

    Excerpt: 最近、キールよりハワードの方が、ティーンの兄弟に思えてきた全国のタイドライン・ブルーファンの皆様さっそく感想に行きます。 Weblog: CODY スピリッツ! racked: 2005-07-15 14:59
  • タイドライン・ブルー 第2話 「裏切者」

    Excerpt: 幼い頃のキールとティーン・・・めちゃ似てるね!(゚∀゚ ) この2人の過去には一体何があったのだろう?気になるなぁ。 前回もちらっと出ていましたユリシーズ艦長のグールドと副長のジョゼ。 .. Weblog: PAWA-TYPE racked: 2005-07-16 14:19