機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第39話

キラ君の勇姿。燃えます。

アスランが自分のことを、自分の言葉でカガリに伝えた。
人間弱っているときほど人を頼りたくなるし自分を考える時間が増える。
ずっと猛スピードで走ってきたアスラン。
今こうして急停止してやっと自分や周りが見えてきた。

”目に入ってきていたことがちゃんと見えてきた”
そして彼のいいところはそうして反省して後悔して立ちあがれる力があること。
同じこと何度も繰り返すだろうけど、そこで止まったままにはならないこと。
再び立ち上がったときの力は戦う力ではなく、キラ君と同じく「守るための力」。


DESTINY PLAN

議長の思想は外側からじっくりと、徐々に明らかになってきました。
彼の世界思想は今の世の中に適合しているか否か。それを決めるのは彼ではない。

跡をつけられていたダコスタ君のおかげで急遽エターナル発進となりました。
相変わらず派手な艦です(^.^)というより小型だから、でっかい飛行機って感じなんだよな。

緊急事態にキラ君も緊急出動。ブースターつけて一気に宇宙へ。
バルトフェルトさんが乗っていたのは赤いガイア。ガイア・・・(泣)

最大限の危機にキラ・ヤマトがラクス・クラインから渡されたそのガンダム。ストライク・フリーダム。
ネームセンスももうこの作品に期待するところではありませんが、
盛り上げ方だけは相変わらず飛び抜けていると思います。
サイバーの時は他もよかったんだけどなぁ・・。

所々にアクセントになっているゴールドが好き。ファンネル?もそれなりによかったです。
全体的に美しいフォルムだと思う。全弾発射は正直見飽きたけど(^_^.) 楽しすぎだからw

そして見事25機のMS撃破。3艦撃破。あれはもうMSと呼ぶのもおこがましい。尋常ではない。
でもかつてそれを倒したシン君。
シン君が再度倒すか、キラ君が打ち勝つか。もちろんキラ君応援(^.^) 今後期待です。

ひとつの物語ですべてのガンダムを踏襲していく。
その心意気は感服です。やれるところまで全力で!、あと残り僅か。

やっぱSee-Sawが最高。鳥肌が立つ。

キラ君、最後の一瞬悲しげなその顔。
彼に期待するところはまさにここで、
この先をひとりではなく、二人で、三人で、みんなでどう本当の笑顔にするか。
もう方向性は確定しているようなので、シン君よりキラ君優先で見ていきます(^_^.)

いよいよMSも揃ってきて、この作品が最も得意とする場面へと流れ込みます。
こっから見てもきっとおもしろいよw

この記事へのコメント

おがたろう。
2005年07月18日 14:12
こんにちは。

>そして彼のいいところはそうして反省して後悔して立ちあがれる力があ
>ること。
>同じこと何度も繰り返すだろうけど、そこで止まったままにはならない
>こと。
>再び立ち上がったときの力は戦う力ではなく、キラ君と同じく「守るた
>めの力」。
誰しも、常に正しい道を歩けているとは限らない。
時には振り返ってみて、もう一度確かめることも必要。
アスランは、「自分にできることはないのだろうか?」と
あせり過ぎたのかもしれない。
そんな彼だからこそ、きっとキラみたいな親友が必要なのかも
しれない。

>やっぱSee-Sawが最高。鳥肌が立つ。
うん、やっぱりSee-Sawの歌はいいです。
絶対、CDは買うかも。

Sフリーダム、、、ついに出たなぁ。
8基のスーパードラグーン(翼のアレ)
は、キラの「守りたい」という意思の表現!?
の様な気がする。フレイを守れなかったキラの想いが
翼となっている様な・・・。
2005年07月18日 15:25
ちわぁ

See-Sawやっぱいいです。
来月三日に発売♪

ドラグーンというのですね。
あれはGFFで出たら買うかもなぁ やけにかっこいいです。

>フレイを守れなかったキラの想いが翼となっている様な・・・。

フレイ!!(泣)
彼女のためにもなんとしても今度は守り抜いてほしいです。
救ってほしいです。

この記事へのトラックバック