劇場版 AIR

画像
評判通り、だった(^_^.) でも改めてこの作品の大きさに触れられました。

TV版を見終わってまだ四ヶ月くらい。
少し別な形となっていたこの劇場版を見て、
改めてこの作品の美しさが感じ取れた。


相当久しぶりにアニメで感動した作品だったTV版「AIR」
この劇場版は公開当初からあまりよい評判は聞いていませんでしたが、
それならそれで見てみようと思い見てみました。

本編に沿った形でのお話で、
お話自体は元がいいというものありますが大変よいものでした。
でも繋ぎ方や、話の組み立て、意識が正直揃っていない。
それは映画としてはとても致命的だと思う。

ファンありきの作品としてみれば、中身は捉えられるかもしれないけど、
観終わって一番最初に思ったのは、

TV版みよう、ってこと(^.^)

映画を最初に見なくてよかったかも。
何も知らずに見れたからそあれが本物と信じて見れた。


来月でTV版のDVDは最終巻。
そのときまたすべて見返そうと思います。
この作品の素晴らしさは正直こんなもんじゃない。
ものともしない力がある。
だからイメージは何も変わることない。

・ ・ ・

ここまでが初見。

なんとなく煮え切らないまま次に特典のCDを聞いてみました。
CDなのにオーディオコメンタリーが入っています。さっぱり意味不明ですw
なんでDVDの副音声にいれなかったんだろう。なんでわざわざCDとして別ディスクにしたんだろう。

オーディオコメンタリーでは川上さんと緑川さんがお話されているんですが、
お二人は映像を見ながら話していているという点は普通のオーディオコメンタリーと変わりない。
あ、でも川上さんたちも断片的にシーンが流れるもんだから、どこが流れるかわかってないという。。
けど聞いているほうはそれは本当に音声だからさらにわからないw

仕方がないのでDVDをもう一度再生しつつ、CDを聞くという異常なスタイルができあがった(^.^)
こういうのよくあるんだろうか・・。ただめんどくさいだけだよな、絶対、、、

CDの途中で、このめんどくさい方法をやってる人いるんですかね、って
川上さんがおしゃっててw、「いるよ!」と思った(笑)
そんな 暇な方 がんばり屋さんにお二人からサービスもあります。

「観鈴ちん、ピンチ」が久々に聞けましたw

とにかく必死です。覚えるほど見てないし、というか二回目だし。
でもすごくおもしろかったです。相変らず自分は単純なんでw かなりイメージ変わった。

そう、繋ぎ方がよくないだけで、断片的にはお話変わってないから
だから違和感なくみれたんだ。皮肉なものです。

合間合間のラジオドラマもおもしろかったし(^.^)
すごいお得感が高かったと思います。

夏に見れた事が、一番だったかのかもしれない。
でも来月の頭もまだまだ夏だろうな(^.^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック