甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第18話

子供たちだけの町。ニール役はKiroroの金城さんでした。

その町の大人たちは赤い眼の甲虫たちに襲われ、すべて光になっていた。
あの町が今の姿になるまでの話をするだけでもう1話できそうな内容だったなぁ
襲った敵はデュークだった。あいつ見た目一番異様で怖い。なんで助けちゃったんだよ・・。

そしてその町は子供だけだったからか、統制は保たれていなく
そのうちの一人、ニール君が今のリーダーに納得がいかず謀反。
ポポにヴィゴを倒してくれと頼み、代わりにリーダーになってくれと持ちかけてきました。
自分たちで戦う気は最初からないようです。なぜ?

戸惑うポポをソーマははっきりと止めましたが、
そこにチョークが現れソーマ君を洗脳!
一転してソーマ君は「やるべきだ」とポポを促す。

彼とチョークとの間の話もまた深くなりそう。
パム、ソーマ君の異変に気づいてたらんなら早くいってよ・・・。

それにしてもクマバチって子供たちと同じくらいの大きさじゃん。
ありゃもう化けものだよ、あんなのの巣に投げ込まれたらあっという間に光になっちゃう。
危うくほんとに投げ込みそうだったけど間一髪ビビたちがソーマ君掻っ攫いその場を凌ぎます。

んでもうチョークは直接攻撃にでてきました。

ヴィゴとニール。彼らが受け継いだおじじの意思。
ヴィゴは町を、ニールは子供たちを守る。
二人の覚悟は二人での絆に変わっていた。

高速な甲虫でしたがヴィゴの助けもあり
見事ムシキング勝利で町に平和が訪れました。


それにしてもニール君はいたしかたなし!
ちょっともったいない気がしたけど目をつぶりましょう(^_^.)

次回はみんな水着だった。
パムちらっとしか見えなかったけどなんか微妙な気がw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック