タイドライン・ブルー 第5話

新たな作戦が展開。
戦争を終らせるための戦い。その考えにどうしてもキールは納得ができませんでした。

争いあう2つの国の戦いを終らせるため、力を世界に知らしめるため?
グールド艦は互いの国へ和平締結を結ばせるため交渉と力を見せつけた。

今度こそ役に立ちたいとせがむキールに
ジョゼさんは相当反対していましたが艦長はひとつ仕事を任せます。
しかしキールは彼らが今またミサイルを、戦闘を始めようとしていることを知ると
作戦妨害に乗り出し、あえなく捕まり閉じ込められた・・・。また今回も出番が・・。

でもなんとか脱出w すげえな。なんでもできる子じゃないか(^.^)

向かった町には小さな子供がたくさんいて、
彼らは荒らされたその町で生きようと努力していた。
いつか終るこの戦争を信じて、懸命に働いていた。

キールただグールドを見返してやりたいがために、働いたのかもしれない。
働いて働いて、汗水流して働いて。
でも彼らの今の状況を決して悲観的には考えず、
前向きに明るく笑う彼らを見て、何か感じたんじゃないかな。
いろいろ通り過ぎて、いっぱい悲しんで、
そうして乗り越えてしまった明るさなんだと思うけど
楽しそうに笑うことで、ひとつ救われることもある。


作戦は成功したかのようには見えましたが、
まだ終わりではないようでした。そして新国連にも補足されていた。
ちゃんとお話が作られてきていると思います。
でもならもう少し長いクール貰えればよかったのに・・。終り方が少し心配です。

アオイさんは何をしようとしているんだろ。
信用できるほど、まだ見せていないだけかもしれないがどうにも気に入らない。
僅かにずれている考えを持ったまま上に立ったような気も・・。

次回はまた新国連と戦闘状態に。
イスラ心配。。ジョゼさんこわぃ・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック