D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ 第8話

誤解の連鎖を一人繰り返していた朝倉君。
やはり彼が音夢を想う気持ちと、音夢が彼を想う気持ちの大きさは違っていた。

朝倉君はこうじゃなくちゃ朝倉君じゃないのでしょうか(^.^)
もう少し考えてから行動しようよ、、音夢ちゃんをなぜ信じてあげられないの?
音夢ちゃんはこの二年、兄さんを支えに、兄さんがいたからがんばってこれた。
本当に一生懸命がんばっていました。

なのにその兄さんと来たら、、
そりゃあ勝手に妹が出て行ったのは納得がいなかったのはわかりますが、
それにしたってあんまりです。心の奥では信じて上げられていると思っていたのに。

好きだからこそ本気で怒る?
正直そんなレベルでもないでしょう、、、

やっぱりあの保険医の先生はいいひとでした。(髪を触ったことは許しません)
あーして誰かがいないと朝倉君は何もできていない。
なぜ自分から直接音夢とちゃんと話そうとしないで
先生に訊くんだよ。嘘いったことあるかよ音夢が・・。


アイシアが健気過ぎます。そしてここでも朝倉君が。。
彼には何か罰を与えた方がいいでしょう(^.^)
ことりちゃんも出番は減るは辛そうだわ・・。

かなり関係ないところで水越姉妹が遊んでました(^.^)
「零れる!」って相当すごいことだよな・・。 萌先輩勢い留まる事を知らない。


今回はただただ憤りを感じるお話でした。
次回は、、、アイシアちゃん、誰と、出会ったの、デスカ?・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック