ハチミツとクローバー 第20話

今回は何度も見返してしまいました。なんでだろ。
正直もっといいお話はこれまで何度も他にあったと思うんだけど。

野宮さん&あゆちゃんは相当飲んで奈良漬のような匂いを放ちながら朝帰り。
どんだけ飲めば奈良漬の域にまで達することができるのだろう。チャレンジしたい。

連絡なしで朝帰りだから、それはそれはあゆパパ怒り心頭でしたが、
勅使河原さんがナイスフォロー。勅使河原さんってめちゃくちゃいい人だ。
あんな人がいてくれるなんて相当幸せだよ野宮さん。羨ましいよ。おにぎりも作ってくれるよ!


野宮さんのおかげであゆちゃん。自分の恋が決してキレイなだけではないということを知りました。
その恋がとても重くて、いやらしいものだということも。。

「自分の幸せを願うことが、他の誰かの不幸を願うことと、
       表裏セットになっているときがあって、だとしたら・・・」

いったい何を祈ればいいんだろう

自分のために誰かが不幸になるのはもちろん嫌だけど、
だからといって自分が幸せにならなくてもいいことにはならない。
何を持って自分が幸せ、といえるのだろう。

極論はすぐに出るかもしれないけれど、今はそれを考えなきゃいけない。

自分のことを祈れない、ってあゆちゃんはいうけど、
今はまだそうかもしれないけど、いつか必ずできるときはくる!


森田さんにどんどん惹かれていきます。
「投げやりなことはしてくれるな、頼むから、な?」
あんなすごい勢いで言われたら誰だってわーっていっぱいになっちゃうよ。。
あゆちゃんまた大泣き。

先生、というかおじいちゃん(^.^)のお言葉も、ほんと”らしくて”、よかった。
答えが出ないときは一心不乱に手を動かすのが、一番。そうすれば、

「出来上がった100枚目の皿の上に、答えがのっているときもある。」

いい言葉だなぁ。あの土は使われたんだろうなぁw
あとぜんぜん脈絡ないけど、あゆちゃんのその大きな碧い瞳はいつも吸い込まれそうになるな(^.^)


森田さんははぐちゃんのことで先生に対しても感情を露にしていました。
森田さんの目は絶対に間違っていない。
けど先生のいうことも、間違っていないんだと思う。
何を残すか、何が残るのか。

森田さんが怒るときはいつも溢れてくる感情がそのまま言葉になっていて、
相手にはとても突き刺さる。
それは普段あんなわけわかんない「魚肉!」とか言ってて、
そのギャップが、というわけじゃなくて(^.^)
いつも目を細めたくなるほど眩しいことを正しく言ってくるからだと思う。


そして竹本君。竹本君はとてもゆっくりです。
自らゆっくりな道を選んだくらいだもんな。

蹲るはぐちゃんを見て、竹本君が今かけてあげられる言葉はなかった。
夜、自転車を漕いで、まるで逃げるように漕いで。。。

そのラストの竹本君の心の言葉は非常に、彼にとって今まで一番重いものだったと思う。

「やりたいことがあって泣くのと、見つからないで泣くのでは、どっちが苦しいですか?」

その言葉と、画面の黒バック白字のテロップでは異なることが流れていた。

神さま
やりたいことって何ですか?
それは、どうすれば見つかるんですか?
それが見つかれば 強くなれるんですか?
あんなに泣いている 彼女からでさえ
ぼくが感じたのは ただ果てしない
つよさだった

シンプルなテロップはあまりアニメに使って欲しくない演出と思ってます。
けれど今回のような趣向はちょっとだけ好き。
竹本君の心情をなんとか表現しようとしているように見えて。

 やはり一番最初に思った印象どおり、
 この作品は漫画が最もベストなツールで、
 それ以外はそれほど伝えきれるものではないのかも、とまた思いました。
 ましてや映画化とかやめてもらいたいなぁ(^_^.)


とてもシリアスな展開な中、すっかり真山さんは遊ばれてるw
真山さんってどこまで何をやったんでしょうw
もう立派にあれは犯罪ですよw 何やっててもおかしくない。

野宮さんが真山を嫌う理由と、真山が野宮さんを嫌う理由がなんかすごく明瞭にわかった(^.^)
すごく納得いく説明でした。まぁ、真山はただ野宮さんを「完成形」って言っただけだど。


相変らずぎゅうぎゅう。
それでもすごく息が詰まるようなところはなくて流れ落ちている快さがあります。
竹本君がんばって見つけてくれるといいなぁ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ハチミツとクローバー

    Excerpt: chapter.20 とりあえず、画がキレイでよかった・・・。 今回は、それぞ Weblog: 好きなものを好きと言える幸福 racked: 2005-09-04 22:58
  • ハチミツとクローバー chapter.20

    Excerpt: 原作でのchapter.36,37。 みんなの優しい気持ちが全面に出た暖かい感じのする話でした。 野宮さんに連れられ一晩過ごした山田さんが“奈良漬”になって帰ってきたわけですが…。Aパート.. Weblog: けん太のアニメ・コミック徒然草 racked: 2005-09-22 16:11