タイドライン・ブルー 第7話

活き活きしてました、キール。
やっぱイカサマしてるときが一番カッコイイ。いや、でも失敗してたw

イカサマは見事に失敗したキール。
もうジョゼさんかなり精神的にまいってた。
そりゃ二人っきりの相手がキールなんだもんな。


小型船の燃料が尽きて一番近かった街、チベットへ降り立ったキールとジョゼ。
そこにはヤビツから逃げ果せた僅かな人々が移り住んできていました。

正直、キールが「久しぶり!」と会った人たちは覚えてませんでした(^_^.)
印象が薄かったのか、自分がちゃんと覚えてないだけ、かな・・・。

キールとジョゼ。二人が別れ、再度会えたその場所に、
偶然にもアオイと、そしてティーンが居合わせました。


彼らが出向いていたチェンレーンという女性。
彼女は何もできることはない、ただ祈ることしかできることがないと言うけど、
ティーンは祈りからは何も起きないし、何も始まらないと言う。

「あなたは何を祈っているのですか」

次の彼女の言葉は彼女であって彼女の声ではなかった。
その言葉はティーンと、キール、そして彼らの父のことを述べていた。

世界中の人々が同じ祈りを捧げることができたのなら、
世界はひとつになるだろう。それは理想であり、現実ではない。
その過程にも意味はさほどないと思う。"動く"ということはそういうことではないと。

アオイとグールド。彼らの力は対立しているようだけど、
あまりやってることは変わりない気がするなぁ


今回はジョゼの様々な表情が豊かでおもしろかったです。
キールもいつになくかっこよかったし。

次回はまたあの二人、喧嘩しちゃうのかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • タイドライン・ブルー #7「祈りの都市」

    Excerpt: 最近、ユリシーズに置いてけぼりを受けた全国のタイドラインブルーファンの皆様さっそく感想は数ではないと教えたはずだクラン大尉!タイドラインブルーとアストロ球団あわせて見よう!→アストロ球団 第二球(後編.. Weblog: CODY スピリッツ! racked: 2005-09-02 12:16
  • タイドライン・ブルー 「祈りの都市」

    Excerpt: アオイは、次に必要なものとして、人々の心の支え、そしてカリスマを求めにチベットへ。 ユリシーズ、とりあえずは大丈夫ってとこでした。 戦闘の後の静けさが、心に染み入ります。 Weblog: 有閑市民のすすめ racked: 2005-09-02 19:34
  • T.B.L 第7話

    Excerpt: グールドに見捨てられたジョゼとキールは近くのチベットに行ったのだった。 チベットに着いたキールははしゃぐが一方でつらいジョゼ。 船を港につけたが、ジョゼはいきなりやって来た人に襲い掛かる!!! .. Weblog: アニメアニマ racked: 2005-09-02 22:39
  • 祈りの都市

    Excerpt: ユリシーズに実質置いてかれちゃったよ!なキール&ジョゼ。 し~っかたがないので、辿り着いたチベットにて燃料補給。 Weblog: tune the rainbow racked: 2005-09-03 10:46
  • タイドライン・ブルー 第7話 感想

    Excerpt:  オイオイ、今週は良い所で終わっちまったな・・・。  キールのペースにハマっているのか、先週くらいからジョゼはコミカルになって来ているような気が・・・。  最初は軍人のお� Weblog: 少年カルコグラフィー racked: 2005-09-03 21:25