甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第24話

やはりパム変貌。というより元に戻ったんだ。一から見て、かわいさが際立ってきた。
そしてサーカス団の旅の始まり。

物語が混沌としてきたなぁ 子供たちはついてこれるのかどうかだけど、
自分は見ていてまだとてもおもしろいと思います。
より終わりが大事になってきてはいますが。


一緒に旅をしてきたパムは死んだ。
彼女を守るべくして集まったサーカス団は彼女が死んだ今、その役目は終り、
それぞれが旅の終わりを感じ始めました。

とうとうお別れ、というときにグルム&アクティオン再登場。しかしパム行方不明・・。
右も左もわからないパムを探すため、アクティオンをムシキングに任せ、ポポたちは捜索に出ます。

と、そこで途中いきなりブウが離脱。なにもここで別れなくいいじゃんかよw
ここ明らかに意味不明な展開に見えました。

そしてパワーアップしたアクティオンにムシキングは倒され、
ビビたちが甲虫の前に立ち塞がり攻防するも、デュークも現れ大苦戦。

そこへブウが助けに戻ってきてくれました。
彼らは「自分のため」といって戦って、命を削っていた。
グルムにはどうしてもそれが自分のためなんかには見えない、理解できない。

他人のために戦えるのが理解できない。
けれど彼らは決して他人のために戦っているわけでも自分のために戦っているわけでもない。
仲間のために、戦っていました。

そしてムシキングは再度立ち上がる。

さらなる力でアクティオンを跳ね除けましたが、
アクティオンはアダーからの薬でまだ強化、、したかに見えましたが
その力は自分の限界を超えていて、アクティオンは硬化するように白く変色し、
その場を飛び去っていきました。


ビビたちは結局、ポポたちとの旅を選び、
その先に自分たちの生きる意味を見出そうとしているように見えました。
旅の目的が変わり、新たなにまたスタートです。

パムの変貌はこれからの展開に大きく影響しそう。
そして輝きの森が最終到達点ではないような感じで、その先にそのさらに先に敵はいる。

この物語を収束できるかどうかの力が彼らにあるのか全くわからないため、
素直に楽しめる気がしないほどの危うい展開。
もしある答えがきちんとあり、物語として完結できたとしたら、
この作品はかなりいいものになりそうです。


次回ソーマ君の迷いの揺らぎが大きくなっていた。
ポポとの絆はどうなってしまうのか・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック