フルメタル・パニック!The Second Raid 第12話

いよいよクライマックス。
全体が持ち上がり、彼が帰ってきます。


あらゆる所に出ていた暗号文の発信者はあのガウルン。
ユイランユイファンが先生と呼ぶ者。宗介の決着が着いたと思われたライバル。

しかし彼の命が長くはないのは事実で、
彼は最期に宗介に殺されたかったのだろう。
あのまま待っていても死ぬなら、いっそ道連れを増やせるだけ増やして。

宗介の本質は変わらないと、ガウルンもテスタも言います。
本質は暗殺者で、本質は強くて優しい人・・・。

ミスリルで弱くなってしまったところもあるけれど、
彼らと出会って、かなめと出会って宗介は一番大事なものの優先度が変わった。
それは人としての大切なことだったと思います。

決して失ってはいけないもの。
目に見えない、在り来たりな言葉で言い表せるものだけど、
彼はそれを身を持って知ることができたからこそ、今日まで生きてこれた。


任務放棄行為は決して許してはいけない、軍としてそれを許してはいけない。
軍において士気低下は致命的というか、死に値し、一人のために、全員が死ぬ。

だがそれは絶対的規則でありながら、その理由がもし覆ることになれば、
その限りではないと艦長は言い放ちました。
彼を失うことは許されず、また、彼が裏切ることもあり得ない。
そこに私情はあっても、明らかにそれは"絶対"であると言い切っていた。
その根拠は彼の今までのすべての行動が裏付けるもので、結果でした。

テスタの判断は"彼女"の判断であり、
「トゥアハー・デ・ダナン」全員の意思でもあったのでしょう。

彼女はいつも迷い悩むけど、きちんと結論は見出せる素晴らしき指揮官です。
だからその下の人たちが迷うことはほぼないんだろうな。憧れます。


宗介はここまでのすべてを知り、ガウルンを射殺。
いよいよ役者が淘汰され最後の戦いが始まります。


もう1クールあれば攻殻クラスまで行けたかもです。
ちょっと残念。世界情勢の確立とかとても深かっただけに、
懐かしかったな、って気持ちしか残らなかったかも。
出だしとか飛ばしててよかったなぁ 少しコンパクト過ぎた感もあるし、
何より前作(ふもっふじゃなくてw)がある以上、それは超えてほしかった。

でもゲイツはいいキャラだったから、
最終回どうなるかとても楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フルメタル・パニック!TSR 第12話

    Excerpt: フルメタル・パニック! The Second Raid Scene01 +α 初回限定版賀東招二 武本康弘 関智一 ハピネット・ピクチャーズ 2005-09-23売り上げランキング : 71おすすめ.. Weblog: ライブ窓ぁ。 racked: 2005-10-14 12:37
  • フルメタル・パニック!TSR Scene12「燃える香港」

    Excerpt:  キタコレ  何?ナンなの、テッサって?!芯の強い女として評価の高いかなめでさえ最後の一押しに「宗介の言葉の想起」が必要だったのに、更に言えば宗介なんて「かなめの言葉の想起」を経てすらまだ本格的.. Weblog: Old Dancer's BLOG racked: 2005-10-15 02:48