魔法少女リリカルなのはA's 第6話

はやてちゃんと闇の書とヴォルケンリッターとの、出会いと願い。

 はやてちゃんの足の病気は闇の書の影響によるものでした。なら、彼女たちが戦う理由は納得がいきます。ずっと、ずっと楽しくみんなで仲良く過ごすため、はやてのため。守護騎士の名の下に、はやての良き家族として彼女たちは戦いを決意した。

 彼女たちができることは本当に少ないかもしれないけど、その僅かにできることで、はやてを救える事ができるかもしれない。彼女たちに無条件に与えられたはやてちゃんの優しさが、決意の原動力となっていました。
 誰のためでもない、はやてのためだけに。

 その真意をなのはちゃんたちが知ったら、きっと、必ず、間違いなく協力してくれると思うけど。。


 闇の書の詳細を知るために、クロノ君は自分の師匠でもある、リーゼアリア・ロッテの双子に会いに。ネコです。完全なるネコでした。で、ユーノ君はきっとこの仕事が終わったら・・・。

 そしてそのネコの片方はみゆみゆ!みゆみゆこういう役はいつも苦手っぽい気がしてならないんですがw なんとなくかわいいからいいや(^_^)


 やっぱ騎士の中ではヴィータが一番はやてを心配しているっぽい。年も近いからかなぁ。だから一番がんばって、自分を擲つことも厭わない感じがちょっと怖いです。
 次回は再び戦闘、そして仮面の方がまた。。


 はやてちゃんの優しさは、多くのものを失った哀しみからのもの。心の底から「ただ楽しく過ごしたい」というごく有り触れた願いなだけに、たったそれだけのことも許されないと知った彼女たちの嘆きは痛いほど伝わってきました。
 彼女たちとなのはちゃんたちが戦う理由はどこにもないから、早く本当のことを話してほしいなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 魔法少女リリカルなのはA’s 第6話「それは小さな願いなの(後編)」

    Excerpt: 魔法少女リリカルなのはA’s 第6話「それは小さな願いなの(後編)」 擬似生命について疑問を持つなのはとフェイト。 彼女達はしっかりと意志を持っていた、と。 本来なら感情などなく、ただ主の命.. Weblog: 初音島情報局 racked: 2005-11-09 03:26
  • 魔法少女リリカルなのはA’s #6

    Excerpt: それは、小さな願いでした 何事も無い穏やかな日々 ただ静かに過ぎていく日々 何よりもいとおしかったその日々に 暗く、静かに落ちた影 運命という名の鎖を断ち切る力 この手に得るこ.. Weblog: パズライズ日記 racked: 2005-11-09 22:21
  • (アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはA's 第6話 「それは小さな願いなの(後編)」

    Excerpt: ああ、なんかこのアニメ見るのがだんだんつらくなってきました。だって切ないんだもの、前回のハヤテのオープニングにはぐっとくるものがありました。これからさらに戦いは激しくなり、鬱展開になっていくでしょうけ.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2005-11-10 18:54
  • なのはA's 第6話

    Excerpt: 今までの展開から、はやてはヴォルケンリッターたちが闇の書関連の人たちってこと自体知らないんだと思ってましたorz よく考えると1話で闇の書起動シーンでてきてましたもんね… Weblog: 海の蒼、空の青 racked: 2005-11-11 08:17
  • [魔法少女リリカルなのはA's]第6話 それは小さな願いなの(後編)

    Excerpt: 「魔法少女リリカルなのはA's」第6話です。 基本的にはアニメを見ながら記事を書いていますが 今回はまったく指が動かせませんでしたw 完全に見入っていたわけです^^; だって、初っ端からフ.. Weblog: もえろぐ racked: 2005-11-12 08:17
  • 魔法少女リリカルなのはA's 第06話「それは小さな願いなの(後編)」

    Excerpt: (公式サイト) これが2クールだとしたら、こうもおもろくはなかっただろうなぁ。 ヴォルケンリッター側のお話で事情を説明してくれた回。 はやての足が不自由(麻痺)+悪化に「闇の書」が絡んで.. Weblog: 布達の橋 racked: 2005-11-12 21:25
  • 魔法少女リリカルなのはA's 第 6 話

    Excerpt: そろそろご対面の時期が近いかも? Weblog: 圭佑の気まぐれ日記 racked: 2008-04-26 22:34