IGPX 第8話

全何戦なんだろ。もうプレーオフとかになってるんだけど・・。ステージ制??
ま、どうでもいいや、ようやく今回プリンセス・ファンティーヌが出てきたから。ほっちゃんっ!!

「タケシ!しっかしろ!」
今回の相手はファンティーヌがいるチーム・スカイラーク。
3対3の戦いで6人中5人が女性というのは、時代を反映?じゃなくてw ただ単に強いからだろうな。

恋人疑惑があろうとも、平静を装うタケシと、平静なファンティーヌ。
スタート時、力の差は歴然でした。彼女は本気戦うことが礼儀であると知っていた。
そしてタケシは叫ぶ、

「ファンティーヌ、僕は君が好きだーーー!!」

8話じゃまだまだ、まだまだダメみたいです。叫んでも棒読みw
ある意味誰がすごいのかを詮索したくなってくる。がんばってください。
成長してくれればそれでいいんです。

好きという気持ちを伝えるために戦う。
若さなのか性格なのか知りませんが(^_^.) 唖然とするみんなが冷静におもしろかった。
ようやく同レベルで戦うことができるようになったタケシ。
もう少し良い音楽はありませんか?盛り上がり所じゃなかったかな、二人の戦闘って。


対決は対決で、颯爽とその二人を抜いていくエイミー。
そして、ファンティーヌは抜き返し、エイミーが押さえ込む。
そのままタケシを待ち、彼が追いついたところでバトンタッチ。。
ファンティーヌを押さえ、その隙にモードチェンジしてエイミーが一着ゴール。
ここら辺の攻防は絶対的におもしろいです。シンプルだけどすごい濃いし燃える。
もっとちゃんと描かれていればもっと燃える。


リズの気持ちや、マサさんのお話、リバーの移籍。
もうどんどん詰め込んできて、どんどん切り替わってくる。
それはすごくどれも魅力的でおもしろいんですが、どれもこれも中途に終わらないかが心配。
その心配もう最初からなんだけど変わらずです。


ファンティーヌが予想を遥かに超えてかわいかった。
さすが堀江さん、ともう十分言える。もう十二分に。

リバーとの戦いは意外でもなんでもないから、
次回すっごく楽し、、み。って休日でした。デートか。。
ファンティーヌがデートするのは全然いいんですが、
相手がタケシってのはやっぱ納得いかないw 一体どこが・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック