魔法少女リリカルなのはA's 第12話

三人も揃うとさすがに相当かわいい(^.^)


 はやてちゃんは夜天の書の力を、防御プログラムを切り離し、我が物とした。そしてまず行ったのは、守護騎士・ヴォルケンリッターたちの復活。次に自らの変身。相当かわいいんですけど!!(^.^)

 三人の魔法使いが揃ったところで今にも暴走を始めようとする防御プログラムを、どうしようかと検討・・・。みんなで出した結果はそのまま宇宙に出しちゃおう!って考え。そんでもってアルカンシェルでぶっ飛ばせ!って。
 前作でもそうでしたが、今回のお話そのものが、この作品のもう一つの力を発揮するところ。もちろん見事超えました。

 続編の期待や重圧なんか全部見事乗り超え、最高を創り出してくれた。戦闘シーンで泣きかけたのっていつぶりだろうw ものすごい作品でした。盛り上げ方を知っているスタッフには嬉しいとしかいえません。その流れ、展開が昔からあって今尚継がれているということは、良いものだってことなんだよな。

 見事戦いも勝利し、最高のエンディングへ、と思ったところで、最後の最後ではやてちゃんが・・。あー、そういうのはもう耐えられないでいいんです・・・

 全編戦いっぱなしでした。鼓動が早くなる。夢にまで見た全員での戦いと、全員での喜び。ここまでのものを見せてくれるなんて、感動しかなかった。奈々さんの歌とか熱すぎて熱すぎて(^.^)彼女の歌も確実にこの作品の必要不可欠な存在となっていて、尋常じゃない盛り上がりの極地でした。
 一人ひとりが名乗りながら、自分の分身の名、そして技の名を叫びながら、次々と切り替える最高の戦闘シーンは感動しきりで、本気で泣きそうになりました。

 感動してまた文体がおかしい(^_^.) けどほんと言うことなしです。見ている人すべての人の期待に応えられたと思う。ありがとうと言いたい作品にまた出会えた事に感謝したいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック