蟲師 第14話

目に見えないその意思。

ギンコが訪れたその竹林で出会った男キスケは、もう三年この竹林から抜け出せないという。
同じく抜け出せないでいた親子の子と結婚し、生まれた彼らの子はまさに、竹の、子でした。

竹から生まれた子。ではなく、筍として母体から生まれ、その筍の中に子がいた。
それはさすがに産婆も驚くことでしょうが、目の前でそれを見た男は信じないわけにはいかない。
何よりもその子は自分の子だったのだから。

困っているようで、時折里を懐かしむ彼でしたが、
すべてが辛いわけでも、嫌だったわけでもなかった。
それは彼女も同じで、意図して彼を閉じ込めていたわけではなかったものの、
その場所と時間に、十分幸せを感じていました。
誰にも邪魔されない三人だけの世界が、確かにそこにはありました。


原因となっていた蟲の水が、彼らの自由を奪っていたのだけれど、
その水は蟲の意思そのものであり、その蟲は竹林の子となり親となっていた。
つまりは、彼らは自分たちの意思と蟲との意思が同調してしまったが故、抜け出せなくなっていて、
そのことに気づいたセツは自ら蟲を断ち切れた。
彼女がその蟲を切る事ができたのは、そういうことだったのだと思いました。

蟲がなぜ彼らを出させなかったのかは、語られてはいなかったと思うけど、
そこは単なる生命の本能だったのか。子を守るための手段だったのか。


里に戻れたけれどやはり彼らに居場所はなく、かといって再び竹林に戻るも、
白き竹、蟲であった間借り竹を切ってしまったばかりに、セツとその子はこの世を去ってしまった。


最後に、季節は再び巡り、すべて枯れてしまったはずの間借り竹がそこにはあり、
彼女たちの墓の方から、赤ん坊の泣き声が聞こえてきた。


今回も、というかもう毎回思いますが素晴らしい映像美でした。
その描写、人ひとりの仕草、描き方からして細やかで綺麗で。
物語も非常に引き込まれるユニークさがあり、悲しさの中、幸せの中の憂いが感じられます。

二人は愛し合っていたから、お互いがお互いを想い、そして子のこと想い、
望んで行ったのに、結果は優しいものではなかった。
蟲の意思に操られる人々ではあったけど、彼らの意思もちゃんとありました。
蟲を切ってしまってからはそうではなかったけど、
それまでの月日には、決して後悔はしていなかったのだと思う。

岩男さんのあのトーンをアニメで聞けたのはは久しぶりでした。
キィを思い出してしまった(^_^) また見たいな、KEY。


時折タダで見れていいんだろうか、と思うくらい(^_^.) 美しい作品。
まだ半分も見れるのかと考えると嬉しくならないわけがない。
最後まできっちりと収めてくれるって疑う余地なしです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 籠のなか

    Excerpt: 自由になるために、捨てなければならないもの。 Weblog: tune the rainbow racked: 2006-02-03 09:38
  • (アニメ感想) 蟲師 第14話 「籠のなか」

    Excerpt: 蟲師Official Book 竹林で体を休めているギンコ。そこへ、一人の男が声をかけてきます。何でも、竹林からどうしても出られなくて村まで一緒に連れて行って欲しいと言う。男の名は「キスケ」、彼.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2006-02-06 18:57
  • 蟲師 第14話 「籠のなか」

    Excerpt: あまりにも残酷な、何の救いようもない結末を迎えたかと思った瞬間、墓のそばから顔を出す筍の姿が…。 正直ホッとしました。 実の家族からも絶縁され、そのうえ愛する妻と子にも先立たれてしまったとな.. Weblog: 新米小僧の見習日記 racked: 2006-02-09 20:55
  • 蟲師 第14話「籠の中」

    Excerpt: すごーい! って思わず口走っちゃったよ!保村真さんじゃん!キスケ!!わー、ぱちぱちぱちぱち!! ☆今日のお話☆ギンコは3年も竹林から出ることができないでいる男と出会う。その男キスケは妻のセツと子ど.. Weblog:  はちみつ水。 racked: 2006-02-09 23:20
  • 蟲師第14話「籠のなか」

    Excerpt: 前回に続いて悲しい話ですが、不思議な希望の芽が残されているためか、実に変わった手触りが感じられます。マガリダケが人を身ごもらせる仕組みについては驚くほど何も語っていない。そのことは別にかまわないし、そ.. Weblog: 蜂列車待機所日記 racked: 2006-02-11 16:05
  • 蟲師 第十四話 籠のなか

    Excerpt: 竹林の中で出会った男。 3年竹林から抜けられずにいると言うが果たして? 「籠のなか」というサブタイトルがしっくりくる内容ですね。 竹林から出られない原因が白い竹のせいだとわかり .. Weblog: 今日もコレクト! racked: 2006-02-12 22:46