舞-乙HiME 第25話

やっと逢えた。やっとお母さんと逢えたのに。。

間違いなく、クライマックスとは何かを知っているスタッフで、
未だに何度でも、この盛り上がり方には胸が熱くなります。感涙。

さすがに25話。もうたたみかけが半端ではなく、
それでいて物語はどんどん昇り詰めていって最高峰が見えません。


マリア様の力は絶大だったな。貼山靠が一瞬見えてw
ナツキのシルバーカードリッジが見れて聞けて、
来てくれた舞ちゃん、命。シズルも戻ってきてくれた。
もうどれもこれもが最大で、
その中でも自分的にはやはりトモエ様が最高でした(やはりここw)

田中さんの演じられる悪なキャラとして、
今回で完全に水銀燈超えました(^_^;) もう素で怖かった。
だからアリカちゃんに破れ、落ちていったたときは、
最大にがんばった!って思ったし、
かなりの高度から落ちたのに意外に元気そうなところも、安心でした。


始まったオトメたちによる最終戦争。
ナギたちはスレイヴを惜しげもなく出し、もう隠すことはありませんでした。
学園奪還のため結束した各国のオトメたち。
内部で待っていてくれたガルデローベのみんな。
黒き谷から駆けつけてくれた舞ちゃん尊。マシロ姫、そしてアリカ・ユメミヤ。

ナツキたちは次々とナギの目論見を打ち倒していき、
アリカちゃんはワルキューレの神祖、レナの下へたどり着いた。

「やっと逢えたね。わたし、アリカだよ」

母に話しかけるアリカちゃんは、もう見ていられませんでした。。
彼女がオトメになると決めて、ガルデローベにきて、母が女王だと聞いて。
彼女の持つその蒼天の青玉こそが、彼女のその力こそが、
母からの遺志であり、母から託された夢。
そして母はそこにいました。

彼女に最後の言葉を告げ、システムは破壊された後、オトメの力は復活。
さらにアリカちゃんは最終形態へと進化(^.^)
髪を下ろさない方がかわいいw 最近はずっと逆の傾向でしたが、
アリカちゃんにとってはあの触角は命の次に大事なはず。
でもちょっと大人っぽくてぜんぜん嫌いじゃなかったな。

ナギたちについていたオトメたちも、彼らは自ら彼女たちを切り捨て、
最後はハルモニウムでありニナ・ウォン。


壮大で躊躇ない戦闘シーンと、猛然と押し寄せる梶浦さんの楽曲が、
誰がどう見ても燃える物語となっていました。
物語の切なさやは、深さは前作がかなり上回っていたと思うんだけど、
燃える展開は圧倒的に今作の方が上でした。

もうキャラすべて、一人で動けている気がして、
彼女たちがこういう場合はどうするだろう、という考えが、
彼女たちに命と生を与えていました。


アリカちゃんはすべての先に、答えはあると涙し、母を解放しました。
それがどれほど彼女にとって残酷な選択だったことだろう。
彼女が世界に何をしたというのか。
戦った先で、オトメとなったその力で、なぜ母を。。
そう考え出してしまったら、
なんだか最終話を見る前に、この25話だけ何度も見てた(^_^;)


そして最終回

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 舞ー乙HIME第25話

    Excerpt: いよいよ戦争開始、竜王戦争以来の本格的なオトメ同士の武力衝突という事態になってしまいます。クライマックス目前の第25話「蒼天の乙女」の感想です。 ナギ側のアルタイ・フロリンス・レムス連合軍対.. Weblog: アニメ探索小隊 racked: 2006-04-03 03:51
  • (アニメ感想) 舞-乙HiME 第25話 「蒼天の乙女」

    Excerpt: 舞-乙HiME 3 2話続けての放送となります。最終回、新作ラッシュで大変なことになっていますが、最終回に向けてテンションが高まります。やっぱり、最後は大円団で終了でしょうか?このアニメらしい、.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2006-04-05 22:29