交響詩篇 エウレカセブン 第49話

ここまできてしまった。
振り返れば、実によき一年でした。

失われゆく命。倒れゆく塔。
人とコーラリアンに緩やかに流れていた時間は、
デューイの一撃と、画策によりその速度をまるで変えてしまった。


最後の時を迎えるため、デューイはスカブの中心へと向かい、
最後の攻撃をするギンガ号の直上から、まさに天空から月光が舞い降り、
最後の決戦が始まりました。

ホランドたちはそこでレントンたちから、彼らの覚悟を聞いた。
レントンたちは、自分たちがスカブの中心になると。

彼らの最後の戦いもまた、圧巻でした。
デューイの戦艦ギンガ号は、やっぱネオアトラのと似てて好きだったな。
バリアまで展開してくれてさらに好きにw
もちろんそこへ突っ込んでくれた月光号には涙です(^.^)

先に特攻をかけたのは303.
的確に中枢に飛び込んだおかげで巨大戦艦は閑黙し、
そこからは戦艦ブリッジ内で、兄との戦い。
久しぶりの再会であり別れの始まりでした。

デューイのいう贖罪は己を人類の代表と謳った、誰も頼んではいない償い。
彼は人としての尊厳をも、自分自身の意志がそれに等しいと考えていた。

月光号の突進の直後、デューイは自害した。
世界の回帰を行うため、彼の体にはコンパクドライブが埋め込まれていました。
やはりあれは最後まで爆弾にしか見えなかったな・・・。

そして彼の死の直後、
エウレカとアネモネにずっとついていたリングが起動。
前回あれだけ最高の終わりを見せたアネモネがまさか、と思いつつ、
エウレカはすべての体が、あの左腕と同じく変わってしまった。
限界が訪れてしまったのか。。


いよいよ、というところでやはりきてくれたよ、
かっこつけユルゲンス(^.^) 酔いしれている気もしたんだけどw
かっこよかったなぁ。序盤、あれだけ無様にやられ放題だったのに、
もうなくてはならない存在となっていました。
彼がいなくては、ここまで来れたもんじゃなかったはずです。
ドミニクだって、アネモネだって救えなかった。

ガリバー君がずっとドミニクにしがみついてたのが、やたらかわいかった。
かなり欲しくなってきたよ、ガリバー君。



この一年は本当に長く、あっという間でした。
ラジオから知ったこの作品。高田さんの歌を生で聞いたり、
がんばって(時折w)日曜日朝七時に起きる、っていう
有り得ないスケジュールを与えてくれました(^.^)

4クールという作品を見るにあたって、その作りが素晴らしいものでしたし、
模索している感じすら、作り手の命を感じました。
そして後半、もう3クール目くらいからは、
日曜朝七時から涙ぐむという、さらに有り得ない感動もくれたw
でもそれももう終わりです。

すべての結末は最終回へ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 交響詩篇エウレカセブン第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」

    Excerpt: 「わかってた…いつもパパとママが私のこと心配してくれていたの、分かっていたから。でも、もうバスが来ちゃうの。 今までありがとう。でも、これからはずっと一緒だよ。 パパ、マ Weblog: CHEZ MOKANA racked: 2006-04-02 10:32
  • 交響詩篇エウレカセブン 最終回

    Excerpt: 本日のエウレカは2本立てでしたが、2話をひっくるめて簡単に感想いきます。詳しく内容を知りたい方々は世の素晴らしいブログがたくさんありますのでそちらをお探しください。相変わらずホラタル中心にしか語ってい.. Weblog: *LIEBE* racked: 2006-04-02 12:39
  • シャウト・トゥ・ザ・トップ!

    Excerpt: 始まる一時間前くらいからときどきして仕方なかったです。 今日で終わるんだ…と思うと残念でなりません。 だからなおさらドキドキしてテレビの前で待っていました。 時計をちらちら Weblog: 七色スカイヴィレッジ(旧スカイフィッシュ) racked: 2006-04-02 18:34
  • ~交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」~

    Excerpt: ついにやってきたエウレカ最終回、一時間SPです。 ではep49から。 聴こえない何もかも エウレカが人になったのかと思ったらどうも違う日とみたい コンパクドライブが そして動� Weblog: 駄文とか駄文とか駄文とか racked: 2006-04-02 23:59
  • 交響詩篇エウレカセブン Ep 49 & 50(終)

    Excerpt: Episode.49 + 50 「シャウト・トゥ・ザ・トップ / 星に願いを」  英雄サーストンの息子と呼ばれた少年レントン。守りたい少女への思い。エウレカへのレントンの思い。レントン Weblog: SERA@らくblog racked: 2006-04-03 00:01
  • 交響詩篇エウレカセブン 第49話

    Excerpt: サブタイトル「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」   思わぬ行動に出たデューイには、彼の思惑があった。  彼の画策が動き始めた時、エウレカに新たな異変が起こる...   交響詩篇エウレカセブン6  以.. Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ racked: 2006-04-03 12:06
  • 交響詩篇エウレカセブン #49・#50 感想

    Excerpt: 終わってしまいましたね。難解だったと思います でも特に理解しなくても、綺麗なヴィジュアルやカッコイイ戦闘、素晴らしい音楽などで ぉぉーこれはすごいんじゃないの?って思えた Weblog: ほえほえ~♪なかんじ racked: 2006-04-03 16:06
  • 交響詩篇エウレカセブン 最終話

    Excerpt: 主人公ズの、 あのラブラブっぷりは テレビとパソコンの前で へばりついて日曜日を過ごす人間に、 けんかを売っていると思うの(´∀` ) な、交響詩篇エウレ.. Weblog: ひびこれ。ー「明智警視」と「太陽の黙示録」に暴走中ー racked: 2006-04-03 18:19
  • 交響詩篇エウレカセブン 49話 「シャウト・トゥ・ザ・トップ」 

    Excerpt: エウレカもようやく最終回です。長かったな~ ではまずは49話から。 デューイのとんでもない罠にまんまとはまったゲッコーステイト。 レントン達は指令クラスターになるという目的� Weblog: 星屑の記憶R ~アニメとゲームを語るブログ~ racked: 2006-04-03 21:38
  • 交響詩篇エウレカセブン第49話

    Excerpt: こんにちは。萌です。 興奮して昨日の夜は寝れないかと思いましたが、眠気には勝てませんでした^^; もう朝から大興奮でしたよ。きっとこんな最終回は誰も想像していなかったでしょうね。良くも悪くも。.. Weblog: 雨の日が好きって思ってみたい racked: 2006-04-03 23:49
  • 交響詩篇エウレカセブン 49・50

    Excerpt: 副題49「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」 副題50「星に願いを」  最初に書いておきます。  ちょっとテンション低下気味です。  第48話が神脚本だっただけではなく、エウレカセ.. Weblog: 月の静寂、星の歌 racked: 2006-04-04 01:24
  • 49話 シャウト・トゥ・ザ・トップ

    Excerpt: バンダイビジュアル 交響詩篇エウレカセブン 10 2週間近く放置しておりましたが、これだけは書いておきたかったので・・・ 交響詩篇エウレカセブン 第49話 シャウト・トゥ・ザ・トップ.. Weblog: 胡蝶のユメ racked: 2006-04-04 21:13