彩雲国物語 第5話

天才肌の龍蓮さんがふらっと現れて、ふらっとまたどこかに。。


法ちゃん目当てでしかほとんど見ていなかったんだけど、
なんとなく今回のお話はおもしろかったです。わかりやすいからかな。


楸瑛を「愚兄其の四」と呼び飛ばす龍蓮さん。
彼は天才だからなのか、その性格はとても普通ではありませんでした。
天才はあーいう人、多いからやっぱその性格はなるべくしてなったみたい。

いつもキレ役の絳攸はもちろんw
あの沈着冷静な楸瑛をも寄せ付けない破天荒ぶり。
誰もが手を焼いていた彼の振る舞いに、
秀麗だけは普通に接してあげていました。

彼女ならきっと、とは思ったけれど、
もしも先に主上と出会っていた、って思うとまた楽しい。
彼が一番龍蓮に近いといえば近い存在かなと思ったけど。


胡麻団子のお礼に、と龍蓮は秀麗に
とりとりしいトリ鍋をごちそうしてくれるといって街へ出て、
どんどん物々交換していって、最後には藁一束。
何も考えていないようで全然考えていなかったところが楽しかったです。


「努力に勝る天才なし」

天性の才能を持つ人とは、数少ないにしろ必ずいる。
でも俗にいう天才と呼ばれている人、すべてそうでは決してない。
むしろそのほとんどは努力、懸命に努力した人々を指すはず。

もし目の前にそういう人がいたとして、
「自分もがんばろう」と思うか「すごいなぁ」で終わるか。
そんな小さな事でも、差は開いていくものと思います。

秀麗はもちろん前者で、彼女の努力は必ず報われる時が来ると信じたい。
龍蓮は最後に秀麗と心の友であると握手。いい人でした。
彼はいつか必ず力になってくれそうです。


同時にこの間の毒の件はまだ続いていて、
どうやら出所はもうわかっているみたいでした。
それでもまだ泳がせている?のかな。あんな次から次へと。。
あの女官の方も何かあるのだな。なんか徐々にハマってきた(^.^)


やはり邵可さん、池田さんはいいなぁ。
最後にびしっと作品全体が、今回のお話が引き締まった感じがしました。
ほんとこの作品キャストが豪華。

あと今回も一喜一憂の、あの物々交換の時の秀麗はかわいかった。
鯛に反応したんだよな。ラストのキレ具合もベストです。


そろそろ秀麗の役目も終わりと思われたところで、
次回はとうとう拉致られ。
明るくさらわれた感じが彼女らしい。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 彩雲国物語 #5

    Excerpt: 楸瑛の弟・龍蓮が登場するお話でした。末っ子なのに藍家の跡取りという天才ですが、天衣無縫で誰の手にも負えない変わり者です。秀麗は、相変わらず劉輝のことを誤解し続けているよう... Weblog: 日々の記録 on fc2 racked: 2006-05-07 03:56
  • 彩雲国物語 第5話

    Excerpt: 彩雲国物語―はじまりの風は紅く ドラマCD 彩雲国物語~はじまりの風は紅く~ 彩雲国物語 第1巻〈初回限定版〉〔DVD〕 2006/08/04発売! CD付きの初回限定版 【努力に勝.. Weblog: Cosi Cosi racked: 2006-05-07 11:28
  • 『彩雲国物語』第5話

    Excerpt: 感想の前にまずは朴さんのインタビューから。朴さん!イチコロアリスがほしいんですか Weblog: おくいのなんでもdiario racked: 2006-05-07 15:42