ひぐらしのなく頃に 第6話

少しずつピースが埋まってきているカンジ。
ただ確実に惨劇の瞬間は忍び寄っている。。

オヤシロ様、そして綿流しの本当の謂われが鷹野さんから語られた。
あのお寺に納め?られていた様々な器具が、
そもそもあの町が惨劇で包まれる運命にあることを、物語っていたようでした。
ウィンチ・・・。


確実に今回も魅音さんと詩音さんは入れ替わっている箇所があったんだと思う。
でも正直どこかはわからない。。
圭一君が「まさか入れ替わっている?」と疑問に思う描写がなかったから、
「そう思わせる」という意図はなかったんじゃないかと。。

じゃあなんで入れ替わっているのか。
彼が二人を"二人"いると認識したからこそ、入れ替わっている気がしたけど、
お弁当持ってきたときは既に入れ替わっていたんだよな。。
"どちらが"入れ変わっているのかも、わからない。


さらに園﨑家の権力や、4年前から起きている祟りと呼ばれている惨劇。
これまで語られていた事実と思われしものは、
今回、さらりと鷹野さんたちから伝えられました。

詩音さんはレナちゃんたちとは違う立場にいるのかなー
ある意味、部外者に近い鷹野さんたちはともかく、
過去を知っていたけれど隠すっていう行動を、詩音さんはしなかった。
いや、あれが本当に詩音さんだったのか。。


一人が確実に亡くなり、一人が確実に行方不明になってしまう。
伝えられていることと、実際に起きたことによる違いは
ありそうではあるものの、ここは統一されていた。

けれど今回は違った。
鷹野さん、そして富竹さんも亡くなってしまった。
二人亡くなるということは、二人鬼隠しに遭う・・・。

圭一君は詩音さんの電話一本で、一気にテンパってしまい、
詩音さんはそのまま電話を切ってしまった。
やはり圭一君はパニックになってエンドへと流れていくのか・・・。
未だに梨花ちゃんが見えて来ないのも気になる。


さらにまたしても圭一君は、気づかぬうちに見張られていました。
魅音さんは見張っていたというより、やはり直接話していたのかもな。。
大石さんは張り込んでた刑事がいたのか。
どこにどう潜んでいるかわからないのもやはりまだ恐怖であって、
町全体が警戒していたら、彼にプライベートは存在し得ない。


じわじわと、そしてある一時を超えると濁流のように押し寄せてくる恐怖。
何を持って嘘と真実を見極めればいいんだろう。
あー、あの双子にもう訳がわからなくなってるよ(^_^;)
次回、何の嘘が。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ひぐらしのなく頃に 第6話「綿流し編 其ノ弐 タカノ」

    Excerpt: 綿流し編第2話。やっぱ死人が出たか・・・ 詩音と魅音どっちも捨てがたいw ? 詩音が魅音より1枚上手ですねw 言動といい、行動といいw姉さんなのにね詩音w まあテレる魅.. Weblog: 空の空 racked: 2006-05-11 23:10
  • ひぐらしのなく頃に 第06話 「綿流し編 其の弐 タカノ」

    Excerpt: いやぁ、マジで怖いっすねぇ…。マジでトイレ行けなくなりそうなんですけど…。これで、朝に水溜りができてたら完璧に“ひぐらし”のせいだね…。 Weblog: ブログ 壁 racked: 2006-05-11 23:26
  • ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の弐 「タカノ」

    Excerpt:  話した言葉。  どれほど繕っても、口にした事実は消えない。  犯した罪。  どれほど償っても、無かったことにはできない――。 ♯私は原作ゲームプレイ済みです。  ただし、先.. Weblog: 月の静寂、星の歌 racked: 2006-05-11 23:29
  • ひぐらしのなく頃に 第6話

    Excerpt:  なんかいや~な物を見た気分。むかしローマ帝国時代から中世ヨーロッパの拷問の歴史 Weblog: 鷹2号の観察日記 racked: 2006-05-11 23:58
  • ひぐらしのなく頃に 第06話

    Excerpt: ■ひぐらしのなく頃に■ Weblog: King Of ヘタレ日記 racked: 2006-05-11 23:59
  • ひぐらしのなく頃に 第06話 「綿流し編 其の弐 タカノ」

    Excerpt: はい、今回で人が死にます。 拷問器具とか、鷹野とか、綿流しの意味とか色々と怖かったよー(泣)w いや、怖いというよりか気持ち悪かったと言ったほうがいいかな? Weblog: ~MUDAI"無題"POWER~「アニメとか模型とかのブログ」 racked: 2006-05-12 00:30
  • ひぐらしのなく頃に 第06話 「綿流し編 其ノ弐 タカノ」

    Excerpt: 黒すぎですお姉様っ(((( ;゚д゚))))!! 深夜番組力発揮ッッ! 前回の鬼隠し編では、人間の“心”の内面の狂気(つっても視聴者にはワケワカメですが)描いたものだとすれば、今回は“ Weblog: 万聞は一見に足るやも racked: 2006-05-12 00:38
  • ひぐらしがなく頃に第6話(綿流し編其ノ弐・タカノ)

    Excerpt:  綿流し編から登場した、魁音の双子の妹詩音。姉とは全く性格も違うが、容姿は瓜二つなので 最初は魁音が、化けているのではないかと思った圭一でしたが、本当に双子である事がわかり びっくりしていました。.. Weblog: アニメな感想 racked: 2006-05-12 01:24
  • ひぐらしのなく頃に 第6話アニメレビュー(アニメ感想)

    Excerpt: ランキング今日は何位かな♪ 上のメッセージをクリックするとランキングサイトに飛びます♪ ランキングサイトの検索BOXに http://anime-gac.seesaa.net と入力してくれれ.. Weblog: GACレビューアニメ館 racked: 2006-05-12 02:12
  • ひぐらしのなく頃 第6話 “綿流し編・其の弐 タカノ”

    Excerpt: 今回は説明調で、日常から非日常へ足を踏み入れていく様が描かれた回でした。 そのきっかけは、境内の秘密の間に忍び込んだことだと思いますが、 前回がラブコメ調だったので、「情事の縺れから惨劇へ」 と.. Weblog: 虹元の肖像 racked: 2006-05-12 02:18
  • ひぐらしのなく頃に 第6話

    Excerpt: 綿流し編其ノ弐の今回は、綿流しの日の夜に富竹と鷹野が殺される話でした。 鬼隠し編とはパラレルでも、やっぱり殺されるのはこの2人なんですね。 死に方も同じ感じですし、どうあってもこの2人は死ぬ運命に.. Weblog: パズライズ日記 racked: 2006-05-12 05:51
  • ひぐらしのなく頃に 第6話

    Excerpt: サブタイトル「綿流し編 其ノ弐 タカノ」   詩音に誘われるまま、聖域である”開かずの祭具殿”に入り込む圭一。  そこで彼が見たものは...   以下詳細  *********** Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ racked: 2006-05-12 08:02
  • ひぐらしのなく頃に 第06話

    Excerpt:  「綿流し編其の弐タカノ」Wゆきのん(;´Д`)ハァハァ画... Weblog: アニメは声優 しゃっふる racked: 2006-05-12 10:02
  • ひぐらしのなく頃に 第06話 「綿流し編 其の弐 タカノ」

    Excerpt: ひぐらしのなく頃に   現時点での評価:3.0~3.5   [殺人事件]   関西テレビ : 04/04 25:55   ちばテレビ : 04/05 25:30~   テレビ埼玉 : 04/.. Weblog: アニメって本当に面白いですね。 racked: 2006-05-12 13:26
  • ひぐらしのなく頃に第6話

    Excerpt: 綿流し編第2話目、前話はほのぼのとしたお話でしたが少しずつ不穏な空気が漂ってきましたね~。前の鬼隠し編ではほとんど出番の無かった三四さんが結構喋ってました。では第6話「綿流し編 其の弐 タカノ」.. Weblog: アニメ探索小隊 racked: 2006-05-12 14:57
  • ひぐらしのなく頃に 第6話

    Excerpt: あなたの乾きを癒せない。 真実を欲するあなたがそれを認めないから。 あなたの乾きを癒せない。 あなたの期待する真実が存在しないから。 それでもあなたの渇きを癒したい。 あなたを砂漠に.. Weblog: 世界のどこかでアホ毛と叫ぶ racked: 2006-05-12 17:34
  • ひぐらしのなく頃に 06話 「綿流し編 其の弐 タカノ」

    Excerpt: そういやひぐらしのOPは5月24日発売だったっけ?とりあえずハルヒEDの「ハレ晴レユカイ」に次いで欲しいCDだから発売日にはアニメイトに特攻か!?(笑) そんなひぐらしも6話目。原作からヒネリ無しで.. Weblog: Every day absorbed in hobby... racked: 2006-05-12 20:47
  • ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の弐「タカノ」

    Excerpt: ま た こ の パ タ ー ン か ! ! 本当、富竹と鷹野は最初に消すには便利なキャラですねww 今回1番ゾクッと来たのは、梨花にちゃんと見ていたと嘘を付いた圭一に梨花がいきなり抱きつく.. Weblog: ハンター日記 racked: 2006-05-12 22:38
  • ひぐらしのなく頃に第6話「綿流し編 其ノ弐 タカノ」

    Excerpt: で、彼女は魅音なんですか?詩音なんですか?(←ふたご入れ替えを意識しすぎ) つい、ね。入れ替えが行われているかどうかは知らんけど。 ところで魅音と詩音を完全な意味で見分ける方法ってないんで.. Weblog: 朦朦たる日記 racked: 2006-05-13 11:29
  • ひぐらしのなく頃に 6話「綿流し編 其の弐 タカノ」

    Excerpt: 綿流し祭を前に、圭一も村人に混じって境内のセッティングを手伝っていた。 そこへ詩音が圭一に麦茶を差し入れる。 Weblog: こころに いつも しばいぬ racked: 2006-05-13 23:41
  • (アニメ感想) ひぐらしのなく頃に 第6話 「綿流し編 其の弐 タカノ」

    Excerpt: ひぐらしのなく頃に 綿流し編(1) 綿流しの夜・・・そこで圭一は魅音と詩音そして、フリーのカメラマン富竹と看護婦の鷹野、刑事の大石と出会います。明かされた事実・・・圭一は富竹達から雛見沢ダム計画.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2006-05-14 04:45
  • ★ひぐらしのなく頃に 第6話 「綿流し編 其ノ弐 タカノ」

    Excerpt: 【公式】終わり方が違っても、ルート的には同じような感じで、新たな事実がわかって最 Weblog: 48億の個人的な妄想 racked: 2006-05-14 14:18
  • ひぐらしのなく頃に 第06話 「綿流し編 其の弐 タカノ」(アニメ感想)

    Excerpt: 雪野五月さんの演技が上手いですね魅音と詩音の使い分けが…この二人は入れ替わってもわかんないよなーやっぱり(汗綿流し編なのに綿流しのお祭り使いまわしの上に一瞬.. Weblog: 電脳羅針盤 racked: 2006-05-14 22:42
  • ひぐらしのなく頃に 第06話 「綿流し編 其の弐 タカノ」

    Excerpt: 今回は怖いというより薄気味悪い話でしたね。魅音を見て癒されましょうw Weblog: Starlight Breaker racked: 2006-05-14 23:32
  • [ひぐらしのなく頃に]第6話 綿流し編 其ノ弐 タカノ

    Excerpt: 「ひぐらしのなく頃に」第6話です。 着々と綿流祭の準備が進んでおりますね~ 圭一もその準備のお手伝いをしているわけですが そこに詩音ちゃんの差し入れ~^^v 何だかもう魅音だか詩音だかよく.. Weblog: もえろぐ racked: 2006-05-15 00:11
  • (アニメ感想)ひぐらしのなく頃に 第06話 「綿流し編 其の弐 タカノ」

    Excerpt:             タイトルの意味が分かりません(挨拶原作やってると、余計にここ.. Weblog: 萌え喫茶 racked: 2006-05-15 04:32
  • ひぐらしのなく頃に 第6話「綿流し編 其ノ弐 タカノ」

    Excerpt: 訪れた綿流しの夜・・・ 鬼隠し編ではカメラマン富竹が死に、謎の女性・鷹野が行方不明になりましたが綿流し編では誰が犠牲になるのでしょうか・・・ Weblog: 今日もコレクト! racked: 2006-05-17 19:29
  • 『ひぐらしのなく頃に…第6話 「綿流し編 其ノ弐 タカノ」』

    Excerpt: 『詩音に会わなかった?』(魅音) 『。。 Weblog: ひろしのアニオタ日記 racked: 2006-05-20 22:05
  • ひぐらしのなく頃に 綿流し編 第2話

    Excerpt: 今日はそんなに怖いシーンはありませんでしたね。多分次回からが怖くなるのだと思いますが。このアニメ、演出上手ですよね!ってか、ひぐらしのなく頃にのアニメ感想を深夜に書いてい Weblog: JUNKS racked: 2006-05-21 16:38
  • 忍び寄る運命「ひぐらしのなく頃に」第6話

    Excerpt: 今年もやってきた「綿流し」の祭礼。 開かずの祭具殿は、雛見沢の伝説が単なる言い伝えでないことを物語ります。 「ひぐらしのなく頃に」綿流し編其の弐「タカノ」です。 (原作は未プレイです。あらすじは、参考.. Weblog: その他省その他局執務記録 racked: 2006-06-05 21:26