ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 第4話

侑子さん♪xxxHOLiCの侑子さんもいいけど、
ツバサも侑子さんもいいね。あの服いつどこで着てくれるんだろ。


今回再び訪れた次元は、前期最終回に訪れたあの村でした。
しかもあの時生き返った人たちが、
再び消えてしまうという事態に見舞われていた。
驚異的なやり直しに見えなくもないお話でした。

あの時、死者蘇生という事実を作り上げてしまったこの作品世界。
それを無に還そうということ。
すべてが終わったら羽根をもらう、って
羽根がなきゃ助からないのに、羽根をまた取ったら
また同じことが起きるかも知れないとは思いませんか?そうですか・・・。


「一度失われた命は、決して蘇ることはない」

みんなで力を合わせてドラゴンから羽根を取り、
神様に捧げたけれど、神様からの答えは無情でした。
なぜその言葉の後に飛王さんが映ったのだろう。


奇跡。
あの時の奇跡は「短き奇跡」そんな奇跡誰一人として求めていないよ。
絶望がより確実な絶望に変わるだけじゃないか。


死んだものは生き返らない、ということが言いたいのであればそれいいし、
うさぎさんのお話もごく自然に見ることができました。
でもそれと、あの「短き奇跡」は何一つ繋がりはない。
奇跡というより単なる気まぐれにしか見えなかった・・・。


羽根があったから、彼らは命を落とし、
羽根によって一時の生を受け、そして再び消えていった。
嵐さんも命を落としていた。
今回のお話に救いはどこにもなかった。。
幸せかどうかなんて、もうどちらでもよかったよ。


命の尊さ、儚さ、そして美しさ。
この話をやりたかったから、敢えて前回までのお話を入れてきたんだろうか。
実に不思議な構成で、ユニークではありました。
でも決して現時点では、好きになれないお話でした(^_^;)
一度蘇らせてしまったこと、でもやはりだめだったこと。

飛王さん、残念ながらもう葛木先生にしか聞こえなくなりましたがw
彼が望んでいたことはなんだったんだろう。
まだこの話は終わっていない気がするし、あれは恐らく結果ではない。


次回は気持ちを切り替えて別な次元へ。
今期まだ新しい方がさっぱりですが、出てくるんだよ、ね?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ツバサ・クロニクル2期 #4

    Excerpt: 第1期の最終話(26話)で訪れた国に、再び小狼たちがやってきました。サクラが小狼からもらったペットの記憶を軸に、命の尊さと生きていることの素晴らしさを描いた内容でした。ただ... Weblog: 日々の記録 on fc2 racked: 2006-05-21 15:39
  • ツバサ・クロニクル 第2シリーズ #4

    Excerpt: 第4話 【哀しいキセキ】 モコナ 『メキョ!!』 あっさりとサクラの羽根を発見!! 早速、羽根をを取ろうとする小狼。 って良く見たらドラゴンの角の中に入ってるよ・・・。 (そう簡単にge.. Weblog: ★虹色のさくらんぼ★ racked: 2006-05-21 23:32
  • ツバサ・クロニクル第30話「哀しいキセキ」

    Excerpt: いやあ、やはり真下監督エピソード、しかもオリジナルとなると、できばえも完成度が数段違いますねえ。作品に対する演出態度というのがよりはっきりと分かりやすい形で示されるということもあるのですが Weblog: 蜂列車待機所日記 racked: 2006-05-22 00:09
  • 第3話(第30話)「哀しいキセキ」~ファイとツーカーな黒たん~

    Excerpt: ※アニメ「ツバサ・クロニクル」第2シーズン(CLAMP原作)感想を黒鋼中心で書いています。ネタバレ&私情ありますので、ご注意ください。 龍の角から羽根を奪う・・・・ こういうシチュエーションに.. Weblog: 黒鋼を見守っていくBlog racked: 2006-05-22 00:14
  • ツバサ・クロニクル_TV30

    Excerpt: 第30話「哀しいキセキ」 あらゆる次元を巡る「サクラ」達の旅。しかし、今回は今まで訪れた国へと再度訪れることになります。 Weblog: 一期一会 racked: 2006-05-22 07:22