きらりん☆レボリューション 第7話

なーさんについていこうと決意。

もういちいち裏を読んで見るのをやめた(というかできないw)ので
また普通に裏切られました。歌だけはできるって思ってたのにw


「時代が君を求め始めたんだ!」

社長の恥ずかしいセリフからオカマの名プロデューサが出てきて、
いよいよ歌手デビュー、と思いきや、
きらりちゃんは果てなく音痴でした。。
久住さんの見せ場到来と思ったのに・・・。

今の時代、歌えないアイドルはアイドルじゃないという
変な風習w ができている以上、このままでは売れない。
なので、相当特訓を重ねたんだけど
それでも一向に歌はうまくならず、
もうだいぶ諦めかけていたきらりちゃん。

そこに星司君が現れて、彼女に声をかけてくれました。
正直、彼の言葉を意訳すると、

きらりちゃんは歌手じゃない。だから歌がうまくなくても、
ファンの人は「きらりちゃんの歌」が聞きたいんじゃないかな。

と言っているように最初聞こえた。
ここら辺も都合良くされるとさすがにちょっとなぁ。
言っていることは間違ってはいないけれど、
そういう世界には芸能界できていないのが実情だと思うし、
うまくなくてもいいけれど、下手なのはやっぱ多少分かれるのも事実。
ファンを増やすことが、何よりの目標なのであれば、
無理して歌わない、という選択が賢明なのでは?

ま、そんな心配は全くする必要すらありませんでした。
ちゃんとうまくできています。至って安心でした。
やはり社長の目に狂いはなかった(^.^)


星司君は彼女を703に連れて行って、
巨大ビジョンに彼女を映し出し、そこで歌わせるという行動に。
スペシャルな人だなぁ。さすが売れっ子アイドルは違う。

通りゆく街の人たちの前で、
いざがんばって勇気を出して歌おうとしたきらりちゃん。
でも声が出ない!

そこでなーさん会心のフォロー!!!!!!

間違いない。なーさんを主役にほんわか15分番組が絶対出来る。
そして絶対応援するし、絶対見る。
確実にこの作品、
自分の中では、現時点においてすべてをなーさんが上回っています。
今後きらりちゃんが大きくなっていけばいくほど、
なーさんの力がどれほど偉大だったのかということが評価されるに違いない。
なーさん、貴方本当にすごいよ、きれいなソプラノだったよ!!


こうしてきらりちゃんはみんなの前で、
ちゃんと歌える(LaLa~だったけど)ことができた。
なんかあれじゃちょっと判断できなかったんだけど
カマーはOKと判断していました。
きっと素晴らしくなったんだろうな。見事歌手デビュー決定です。


次回は早速歌番組出演。
軽快です。やっぱいいなぁ、この夢あるストーリーが特に。
見れば見るほどなーさんにハマっていく(^.^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • きらりん☆レボリューション #7

    Excerpt: きらりプロジェクトの成功できらりにCDデビューの話が持ち上がります。しかし、きらりはジャイアン並の音痴だったのです。(^^;きらりのCDは、超大物プロデューサー・カマさんが手がけ... Weblog: 日々の記録 on fc2 racked: 2006-05-25 01:04