スクールランブル 二学期 第9話

OUTLAWS見参。
八雲がいるところがポイントね。

ララがオチ役ではなく、物語を多少なりとも引っ張ってました。
なんて嬉しいことでしょう。あの名台詞もゆうさんばっちり(^.^)


この女子バスケ部は地位や名誉のためではない、勝つために練習してきた。
ララちゃんは大切なことを教えてくれた。

というわけで、
女子バスケ(正規軍) VS OUTLAWS(反乱軍)のバスケ試合が決定!

今鳥君の華麗なる速攻から試合はスタート。
靴はもう忘れるんだ。ララに取られた時点でもう戻らん。
続いてみこちゃんのパスをカットをした播磨君がロングシュート。
どっから投げたかよくわからんがすごーい!
さらに八雲のパスも受けてさらに2点。

といった具合でかなりOUTLAWSが押し気味でした。
女子バスケは俵屋さん不在が痛手となってた。
俵屋さん、タイミングミスって告白しちゃったからな。。

ララはいても立ってもいられなくなって、俵屋さんのところへ。
俵屋さんが試合を見ていたことは、彼女の野生のカンが教えてくれたんだろか。
隙間から見えていたのだろか。きっと見ていると思ったからだろうか。
ララは俵屋さんが恋に悩んでいることを知っていました。
そして今の彼女にぴったりの言葉をプレゼントしてくれた。

「ソレハソレ! コレハコレ!」

名台詞です。
今彼女にはやらなくてはいけないことがある。
みんなが、ララが彼女を待っている。

思い出したよ、彼女の名台詞でお腹痛くなったんだ。
なぜかここでハマっちゃったんだよなぁw

そして俵屋さん再起動!!!
ララが俵屋さんを呼びに行ってる間
ファイブファウルしてたアテナ・姉ヶ崎先生に代わり参入です。

彼女が戻ってからはもうそれはすごい猛追撃。
100点ゲームになりかけていたところ、一気に追いつきました。

危機感を感じたOUTLAWS。ここで出た、前回出てた漫画、
はっちゃけ バスケ団のキャラがみんなと重なった!!
一瞬パライエッタ様がいた!!(声だけ)

相当ボール持って走った後、炸裂しました。

「うなぎ爆発!ギャラクティックボンバー!!!」

でも大変に残念なことにトラベリング・・・。
が、がんばったよ天満ちゃん。主役っぽかった。。


で、また作戦変更したOUTLAWS。ララに天満ちゃんをぶつけてきました。
海南戦の宮益先輩とニュアンスは一緒か?でもファウルは違うか。
やる気はあるけどディフェンスはしてない天満ちゃん。
ララちゃんのファウルを誘って彼女をファウルトラブルへ。

ララの交代要員に監督が指名したのは敵に寝返っていた天満ちゃんw
必然的にOUTLAWSに出来た欠員には麻生君が入りました。が、
結果は俵屋さんの絶妙なパスを受けたみこちゃんが、
仙道並の(描写はかなり微妙でしたがw) ダブルクラッチ炸裂!!
1ゴール差で女子バスケチームは負けてしまいましたが、いい試合でした。


試合後、俵屋さんはいろいろ察して、一人夜空を見上げて家に帰る・・・。
あれはあれ、これはこれ。
一歩大人に近づいたという言葉は、
今、彼女に当てはまる言葉のように思いました。


なんだんかんだで結局おもしろかったです(笑)
いつものノリがなんか帰ってきた感じもしたよ。
原作じゃあんまし好きなお話じゃなかったんだけど、
みこちゃんの笑顔はかわいかった!


次回は、、サブタイあれじゃ推測すら、、
見れば思い出すかな、、(またそれ、、、)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック