ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! 第10話

10話目にしてようやくリオーネ♪
きてくれただけで感謝なのです。


でも今回はそんな喜び楽しめる始まりではありませんでした。
減点制という、文字通りのマイナス指向型のあの学園で、
メルバの優しさは他人への迷惑以外、何物でもなかった。

メルバはリオーネの昔からのお友達でお姉さん的存在。
彼女の優しさにリオーネはずっと憧れてもいたし、
親しみを強く感じていました。
けれど学園での彼女の素振りは、リオーネの知っていたメルバとはほぼ遠く、
周りの生徒たちが持っていた彼女のイメージも違っていた。

そんなのどこが合っているかを探す方が大変なほど、間違っている。
ファインレインは持ち前の明るさと強さで、
メルバを元の優しいメルバに戻してあげようと立ち上がりました。


今期のこの物語で、初めて転機が訪れたようなお話でした。
今までもちゃんと負の部分は描かれてはいたけれど、
ここまでストレートなものはなかったと思う。

トーマ様がファインレインたちを見て、
「そんなことができるものか」と言ってたけれど、
逆に貴方のその自信がどこからくるかを教えてほしいよ(^_^;)
いつまで経っても二人を止められていないのに。。
今回も果てしなく弱かった・・・。


立ち上がったふしぎ姫たちでしたが、
やることはまぁ、いつも最初は同じ(^.^)
自分たちが明るく接すれば、相手も心を開いてくれるはず。
メルバがどうして暗く、人と接しなくなったかを訊いたのに、
それ相応の対応を、という考えは皆無でした。

彼女たちはカウンセラーでもなければ、大人でもない。
彼女たちのやり方で元に戻せなければ、二人の仲良し計画は成立しない。

という考え方でいいのかな(^_^;)
イマイチ最近ふしぎ姫のその行動が理解できなくなってました。。
そこまで求めるのも酷なのかなぁ、とか。できれば見てみたいんだけど。


メルバがドラゴンの赤ちゃんをかくまって、減点覚悟で寮に戻り、
先生たちに見つかって赤ちゃんを先生たちに取られそうになって、
そこでファインレインたちはユニバーサルプリンセスへ。

人に向けて使うのはなぁ(^_^;)かなり思い切った行動に出てました。
どこがどう手加減されるのかわからないけど、魔法も減点だったし、
ペットもで、今回はどんだけ引かれたのか・・・。魔法抜きに怒られそうです。。

続いてふしぎ星のみんなが助けに入ってきてくれたのは、かなりかっこよくて、
全員がまさに学園を変えていこうという流れを、
ここで初めて、全員で形作れたのかも知れない。
これから徐々にその形は大きく強くなっていくはず。

現に生徒の一人、フランちゃんはメルバに協力してくれた。
彼女は最初から周りの生徒とは違っていたけど、勇気が出せなくて、
周りの目もあるし、怖かったんだと思う。
それでも自分と同じ考えを持っていたファインレインたちを見て、
思い切ってメルバのところに来た。

紛れもなくそれは彼女たちふしぎ姫たちの力でした。

メルバが自分のせいでみんなが減点に、って落ち込んでいたとき、
みんなはぜんぜん平気!って笑顔で答えてくれた。

「だって友達じゃない!」

リオーネのその言葉は、
とてもとても彼女たちにとっては普通の言葉だったけど、
メルバにとっては懐かしく、閉じこめていた言葉だったんだろうな。


歌があったから、リオーネだったからってことを差し引いても(^_^;)、
今回は今期で(まだ10話w)最もいいお話で好きになりました。
フランとメルバが笑顔で握手ができたところも、すごいよかったよ。


終始メルバの全体のバランスが気になってしょうがなかったものの(^_^;)
今回はとってもよかったなー。お話もそうだしなんかいつもより
画がよかった気がする(気がする、、)

あとまぁやはり歌。相当よかったのは言うまでもありません(^.^)
リオーネの歌が聴けるなんて・・・(涙)思わず聞き返してしまった。
みさとんの声が聞けたのほんと久しぶりでした。


次回もまたどなたかが、と思いきやまた新キャラな雰囲気。。
も、もうとっくにお腹いっぱいですw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カリスマ声優白書
2020年11月14日 07:39
ようこそ、ロイヤルワンダー学園へ!暗いニュースがあっても、ふたご姫Gyu!は超楽観的!人と地球の明日のために。これがふたご姫の心髄です。友情の大切さを改めて知った今回。それでは日本全国土曜の朝に、ズームイン!待ってました、お帰りなさいませ、リオーネ女王様。振り返れば、1期のキャラクターショー「リオーネを救え!」では、生死を彷徨う展開に、ドキッとしましたね。ですが、帰ってきたリオーネ様を見て、とてもうれしいです。学園の知り合いがいるリオーネ。しかしメルバはどうも不機嫌。オーセッカイ星との交流もあって仲良し。この星、おせっかいな星と思われがち。幼女リオーネ、ぬいぐるみのようにかわいい。助ける気持ちが大切な仲良さ。あの笑顔はどこへ。昼休み。給食を落とし・・いや、取っている~!RWはふたごの庭!ファイン、"FINEプレ~!"気持ち切り替えて体育。フランがこける。1人でも助ければ減点。チームメイトから責められる。歪んだ教育方針が露呈された。何をやっても逃げるメルバ。ここで初めて笑顔が。ワンダードラゴンとこんにゃちわ~。でもペット持ち込みも減点。免れぬ減点にアルテッサ激怒。すべて私のせい。でも気にしないで。仲直りして、リオーネ様は元気になりました。ふたごの仲良し計画はこれからです!今まで、ふたご姫を知らなかった人たちにもわかる展開に、子供たちが魅了しています。再放送は難しいけど、いつかできると信じています。

この記事へのトラックバック