Fate/stay night 第22話

いよいよ来たランサー。
彼には彼自身の意志がありました。


「星が出たら、あの人の。。士郎の明日を占おうか」

すっかり相思相愛なセイバーと士郎君。
セイバーの恋する乙女な台詞はいいなぁ。
自分でも気づかないうちに、というのが始まりです。

イリヤちゃんはもう望みはなさそうでした。。
聖杯戦争が進めば進むほど壊れていくとは、どういう存在なのかは、
凛ちゃんのあの言葉からは読み取れなかったんだけど、
ヤバいんだということは理解。
恐らく残りの時間ではこれ以上は語られないんだろう。


凛ちゃんの調査?のおかげでランサーのマスターの状況がわかり、
セイバーは一人、綺礼の下に向かった士郎君を追いかけた。

ここってもう何回も何回も見た光景でw
案の定士郎君はばったり血を出して倒れていました。
そこには久しぶりなランサーさん。
やっぱ再契約できるって設定はかなりよかったな。
倒したらおしまい、っていう比較的簡単なサバイバルな戦いが、
ぐっと複雑になって戦略的なものになっていて。
そこに複数のサーヴァントを保持できるという設定が組み合わさって、
さらに読めないものになっていってました。



士郎君は10年前の炎の中、
たくさんの助けを求める声から耳を塞ぎ、そして助かることができた。
彼はそれを無視したからだから彼には「あの人たちのためにも」と、
自己犠牲の念が生まれていました。

炎の中命を落としていった人たちはそんなこと望んでいたんだろうか。

もう知る由もないけれど、
彼のその勝手な背負い込みは、彼自身を潰しかけていた。
それでも士郎君はその荷を決して下ろすことはなく
背負ったままここまで生きていた。
あの惨劇はもう二度と振り返りたくない過去。
けど同時にそれを乗り越えたという事実には違いない。

あの日の哀しみに耐えて乗り越えた歳月を無に還してはいけない。
哀しみに耐えたというその過去が、残された者の使命でもある。
彼の強き意志はあの悲劇があり、失った日々があり、
その上で生きてきた自分がいたからこその、強さでした。


彼の自己犠牲は度々疑問に思ってきたけれど、今回でそれは完結しました。
過去を失うということ、変えてしまうということは今の自分が変わること。
今の自分を好き嫌いとは無関係に、失いたくないという気持ち。
そこに"生"が、そこにしか"生"は生まれないということが、
彼の自己犠牲に対する最も大きな理由だったのかなと思いました。
だからそもそも"犠牲"という言葉自体が相応しくないのだけれど、
彼はそれを承知の上で「置き去りにしてきた者のためにも」
という言葉を使っていたんじゃないかな。



彼のその気持ちにセイバーは宿願としていた王の選定を重ね、
すべての疑問に答えを見つけ出すことが出来た。

結果とは振り返ることでしか得られない。
その当たり前の過去に当てはめられる言葉は、
とても簡単なことのように見えた。

王は国を守った。けれど国は王を守らなかった。

結果は辛いものだったけれど、
その過程に一点の曇りもないとセイバーが思えたから、
だから彼女の宿願は変えることができた。
今時点で、彼女の願いはすべて叶っていると。

セイバーはこの瞬間すべてに救われていました。
彼女が望むべき願いはもう既に叶っていて、
何よりも彼女が救われていたことが、最大でした。


もうこれ以上ないというところで、
またもや場を読まない、そぐわない男が姿を現した。
綺礼に呼ばれたその男は8人目のサーヴァント、ギルガメッシュ。

綺礼本人があの炎を呼び出しすべての元凶であり、
聖杯とは、破壊という手段で願いを叶えるもの。
すなわち呪いの壺だと。。

追い求め、これまで数々の死闘を繰り広げてきた結果得たこの事実。
もう今は求めていないとはいえ、あまりに非情な事実には違いなかった。


ギルガメッシュが王の財宝・ゲートオブバビロンを展開し、
士郎君たちを攻撃した瞬間、ランサーがその間に入ってきました。
彼は彼の意思で契約を切り、ギルガメッシュに戦いを挑み、
士郎君たちを逃がし、そして消えていきました。

彼の生きた軌跡はあまりにあまりでした。
英霊として生は、彼にとってどれほどのものだったのか。
それは計ることはできなかったけれど、
彼は最期に、彼自身の意思で戦えたことは、救いだったのかもしれないな。
アーチャーに次ぐかっこよさ、あったと思う。
何もかもわかった上で、それでも戦わなくてはいけなかった。
そこに男としての彼の意志が刻まれていたと思うよ・・・。


士郎君の中に鞘ある理由も今回明らかになって、
すべては10年前から決まっていた未来でしかなかった。
でも創られた、導かれていた道だとしても、
士郎君、それにセイバー共に、望んだ道だったと思う。

そこにはセイバーが望んだ道があったのだから。


「セイバー、聖杯を壊そう。」

彼女が見た道は、決して夢ではない。紛れもない過去であり、事実。
そこから逃れることもできなければ、消し去ることもできない。
消し去ってもいけない。
人は過去を悔いて、反省して、後悔して、
そしてようやく次なる一歩を踏み込める。
逃げてはいけないとはつまりそういう意味であって、
彼女は悩み苦しんだ末、乗り越えることができた。
そして次なる道を、彼と進むことができた。


実質今回ですべての結論が出たと思うので、
最終回といって相応しいものだったと思います。

正直どこかもう終われない気がしていたんだけど、
大きく、潔く切り捨てることでとてもスマートになりました。
だからこそその最後はより期待ができるものになったと思う。


盛り上がりの最高潮はアーチャーだったにせよ(^_^;)
終わりらしい終わりが見れると信じています。
久々に長くなって重複文書がいくつも見られて読みにくいけどw
とても素晴らしい回だったと思いました。


次回 「聖杯」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ディープメガネ
2006年06月06日 22:00
こんばんはディープメガネです。
大丈夫でしたか?更新がいつもより遅れていたので心配しました。
>ランサーはどう足掻いても金ぴかには勝てなかった
ランサーはあの場所で金ぴかには絶対に勝てません。逆に、もし金ぴかがランサーにあの状況で勝てないようなことがあれば、彼は本当に弱いといえるでしょう。なぜそう言えるのか・・・。あの地下聖堂は非常に槍兵が戦うには狭すぎるんです。そしてランサーは最速のサーヴァントですがその速さをいかしきれません。逆に金ぴかは密閉空間ならまさに最強、逃げ場なんてありません。しかしランサーならば避けきれるでしょう。
ここで登場するのがあの鎖です。じつはあれは、神を捕らえるために作られたもので、神に近ければ近いほど抜け出せなくなる素敵宝具なんです。ちなみに本編ではヘラクレスも捕まりますが、彼はその有り余る筋力と勇気と愛で引き千切りますが・・・。
そして決め手となったのが、ランサーを刺したカラド・ボルクという名の宝具です。ランサーは生前に結んだ誓いにより「カラド・ボルクを所有する者には必ず一度負けなければならない。」のです。よって勝つことは不可能。
ディープメガネ
2006年06月06日 22:16
アルトリアは士郎は自分と似ていると思った、変えてしまいたいほど辛い過去を持っているから。でも聖杯はすべてを叶えてくれる。ならば、彼は彼自身と死んでしまった人たちを救うのだと思ったし、救わなければならないと思った。それができる手段があるのだから・・・。だから彼は自分のことも、気持ちを理解してくれると思っていた。でもそれはただの妄想でしかなかった彼は自分とは違い、非力だと思っていた彼は自分よりも強いのだと思い知らされた。
しかし、彼女の心は揺れた彼さえ殺せば聖杯に手が届く。長いあいだ待ち望んできたことがとうとう叶うのだ。彼にもいった、こんどこそ誰の邪魔も許さないし絶対に聖杯を手に入れると。なのにどうして彼の言葉が心に引っかかるのだろう・・・。
そして思い出す、すべて欲しかったわけではないと、自分の望んでいたことはすべてあったのだと。
「シロウ貴方は私にそう言いたかったのでね・・・。」
ディープメガネ
2006年06月06日 22:26
↑というのが彼女の心境でしょうかね?
ちなみに彼女の「置き去りにしてきたもの」はもちろん犠牲にしてしまった民という意味もありますが、少女である自分と自分の心、という意味でもあります。
ちなみにランサーのマスターは生きてます(笑)
とはいえ、あのロリコン神父本当にだまし討ちが得意だなとつくずく思います。ランサーのマスターは何度か背中を預けて戦った仲ですし、なんだかんだ言って士郎も彼のこと信用していましたし・・・。ちなみに前回の聖杯戦争で凛の父親を殺したのもこいつでその時もたしかだまし討ち(笑)
2006年06月07日 11:12
こんにちわ。なかなか追いつけません・・・。
いつもどもですm(__)m

>ランサーは生前に結んだ誓いにより「カラド・ボルクを所有する者には必ず一度負けなければならない。」
 これはかなり衝撃的でした。そんな制約ありなんですね・・・。ランサーの活躍をもっともっと見たかったです(>_<)

 セイバーが自ら科した希望が、士郎君のおかげもあり、彼女自身で見つけられたことがすごくよかったです。民も、そして自分も犠牲に、なんですね。

 綺礼は絵に描いたような悪役を続けていたっぽいですねw ランサーのマスターは片腕で生きてると?ってかあの腕も怪しいのか・・・。彼の悪役ぶりのおかげで、終わりは明確にはすっきりするのかなー。イリヤとかちょー気になります。。

この記事へのトラックバック

  • Fate/stay night 第22話『願いの果て』

    Excerpt: TVKでは、W杯やらデジタル放送に向けての準備やらの影響で、二日早く放送されることになったFate。 放送日をチェックしてなかったら、やばかったよ^_^; 来週もいつもより二日早く放送されるので、.. Weblog: 温泉ミカンの宝物★アニメだよ♪ racked: 2006-06-06 00:43
  • Fate/stay night (#22)

    Excerpt: 「願いの果て」  教会でランサーの襲撃を受けて死に掛けている士郎。  それとは裏腹に、ロマンチック思考を張り巡らせているセイバー。  本当に大丈夫かしら…。OTL  ランサーのマスター.. Weblog: Hes:TEAR racked: 2006-06-06 10:42
  • Fate/stay night#22「願いの果て」。

    Excerpt:  士郎が言峰教会に行った事を知ったセイバーさんは、言峰教会へ。 やはり、黒幕は言峰でした。奴は、原作でも話がやたら長いから嫌いです。hollowで登場するカレンも話は、長いで... Weblog: ひなたぼっこ。 racked: 2006-06-06 15:36
  • Fate/stay night 第22話

    Excerpt: 凛によって士郎がいないことに気付き、言峰のいる教会へと向かうセイバー。 そこで言峰と出会い、士郎と共に聖杯の力でやり直したいかと問われる、という話。 ランサーが久々にしっかり登場したと思ったら即退.. Weblog: パズライズ日記 racked: 2006-06-06 15:42
  • Fate/stay night第22話「願いの果て」

    Excerpt: ランサ-早っ ↑をクリックすると拡大表示します 何よあのセイバーのデレっぷりはっ いや…ランサーさんに触れてあげましょ.. Weblog: 腐麗蝶の柩 racked: 2006-06-06 17:08
  • ★Fate/stay night 第22話「願いの果て」

    Excerpt: 【公式】ランサー・゜・(ノД`)・゜・。ランサー最後に、ベジータきどり!(笑)恋す Weblog: 48億の個人的な妄想 racked: 2006-06-06 20:13
  • Fate/stay night����22�áִꤤ�β̤ơ�

    Excerpt: Fate/stay night����22�áִꤤ�β̤ơס���〓�����γ���˴��Ԏ�����!!������䤬������!! Weblog: ��ڡʤ�〓� racked: 2006-06-06 21:05
  • 『Fate/stay night』 イリヤスフィール・フォン・アインツベルン

    Excerpt: 『Fate/stay night』のイリヤです。 レッドアイリスとプラチナブロンドを持つ彼女は、魔術の名門アインツベルン家に育ち、【狂戦士のサーヴァント】であるバーサー� Weblog: ゆったりイラスト空間 racked: 2006-06-06 21:17
  • Fate/stay night 第22話 「願いの果て」

    Excerpt: Fate/stay night   現時点での評価:3.0~3.5   [PCゲーム アクション]   テレビ埼玉 : 金曜 25:30~   ちばテレビ  : 日曜 24:30~   KB.. Weblog: アニメって本当に面白いですね。 racked: 2006-06-06 22:33
  • Fate/stay night 第22話 「願いの果て」

    Excerpt: ・Palm Characters Fate / stay night アーチャー&凛 セット ・TVアニメ「Fate/stay night」オリジナルサウンドトラック  グハッ!!話が駆け.. Weblog: ミルクレモンティー racked: 2006-06-06 23:23
  • Fate/stay night 第22話

    Excerpt: ■Fate/stay night■ Weblog: King Of ヘタレ日記 racked: 2006-06-06 23:54
  • Fate/stay night 22話 「願いの果て」

    Excerpt: 教会の地下に進入し、ランサーの攻撃を受けた士郎・・・前回はここで終わってますね。 その頃衛宮邸ではイリヤの熱が上がっている一方でした。凛曰く「イリヤは聖杯戦争が進めば進むほど壊れていく」・・・なんじ.. Weblog: Every day absorbed in hobby... racked: 2006-06-07 05:03
  • Fate/stay night 第22話「願いの果て」

    Excerpt: 第22話「願いの果て」の感想です。 ※おもちは原作プレイ済みですがネタバレはしないよう心がけます。 ランサー兄貴かっこよすぎ! 「ここは俺が食い止める早く行け!」的なシチュ� Weblog: おもちやさん racked: 2006-06-07 06:02
  • Fate/stay night 第22話「願いの果て」

    Excerpt: Fate/stay night 第22話「願いの果て」 まさかランサーが利用されてたとは Fateも残すところあと2話。 あと残る敵はギルガメッシュだけ・・・か? ランサーの存在なんて.. Weblog: 初音島情報局 racked: 2006-06-07 13:23
  • Fate/stay night 22話「願いの果て」

    Excerpt: ランサー、カッコよかったよ。 Weblog: こころに いつも しばいぬ racked: 2006-06-07 23:16
  • (アニメ感想) Fate/stay night 第22話 「願いの果て」

    Excerpt: TVアニメ「Fate/stay night」オリジナルサウンドトラック/アニメサントラ (音楽: 川井憲次) 奴は忘れてきた頃にやってきた・・・突然のランサーの不意打ちに面食らいましたが、彼.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2006-06-08 22:10
  • Fate/stay night 第22話

    Excerpt: 副題 「願いの果て」  力は正義に非ず。  なるほどここにもそっくりな主従。  アルトリアの願い。  士郎の望み。  そんな第22話でした。 (♯私は原作ゲ.. Weblog: 月の静寂、星の歌 racked: 2006-06-09 00:41
  • 衛宮シロウの決断「Fate/stay night」第22話

    Excerpt: 聖杯戦争の進行により、イリヤに異変が生じていると言う凛。 ようやく突き止めたランサーのマスターは、すでに死亡していました。 第22話「願いの果て」です。 (原作は未プレイです。あらすじは参考程度です。.. Weblog: その他省その他局執務記録 racked: 2006-06-09 02:44
  • Fate/staynight「願いの果て」

    Excerpt: Fate/staynight 22話「願いの果て」 [あらすじ] セイバー、恋する乙女です。 イリヤ、病気です。 士郎、ズタボロ状態です。。 リンがかろうじて元気そう。でも、出番は少なし。 ランサ.. Weblog: 徒然なるままに日くらしパソコンor携帯に向かいて・・・・ racked: 2006-06-10 13:58