ああっ女神さまっ それぞれの翼 第15話

半分は悪魔で半分は女神であるウルド。
そのどちらも本当のウルド。


マーラーの絶妙な演技によって、
ウルドのその半神半魔の体から悪魔の部分だけをきれいに抽出し
即席クローン体に移植されてしまった。
マーラー久しいな。マーラーが出てくるとそろそろヒルダさんもだね。

ウルドは温泉から帰ってきたあと、かなりあっさりとマーラーによって捕獲。
相変わらずあの演歌で眠る、という設定は活かされています(^_^;)
普段過剰なまでに力を放出している彼女が、演歌一つで身動きも出来なくなる。

スクルドがなんかものすごく心配してて、
見つけたと思ったらいきなり封印w
でも出てきたと思ったら今度はものすごい人の良いウルドが目の前に。
それはそれはしおらしくてかわいいウルド姉さんを前にスクルドは素直に、
「き、きもちわるいなぁ」とw か、かわいいじゃん(^.^)


そして魔属ウルドはベルさんに近づき、
ベルさんの意識なし、悪気なしな天然さに一人翻弄された後w
螢一にキスしているところを見せつけて
ベルさんを激しく動揺させることに成功。というところで今回はおしまい。

ほぼ原作通りなお話になりました。
恐らくあの後皮被ったばんぺいくんのお話はこないんだろうな。。
正直ここはそんなおもしろいお話じゃなかったです。

マーラーがあくまで仕事として
ベルさんたちを人間界から追い出そうとしている描写は、
ここ以外にも多々描かれていて、
ほんとなぜ魔属になられたのかが悔やまれます。
きっとウルドと最強コンビニなったのになー あと美人だし(^_^;)


次回はそのまま続き。
ウルド vs ウルドだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック