シムーン 第16話

とうとう発動してしまった翠玉のリ・マージョン。


次々と消えていったシヴュラたち。
残りのシムーンはあと2機というところで、再び敵は大群で押し寄せてきた。

出撃の前に、
恐怖から脱したドミヌーラは真っ直ぐとワポーリフに向かい、

「シムーンは神の乗機。墜ちることはない」

と、言い切った。
一体彼女はあのアムリアの乗っていたシムーンのぐるぐるの中に、
何を見て、怯え震え、そして立ち直ったのか。

苦戦の中、なんとか敵機を回避後、
静けさの戻った森の中でドミヌーラは
自分の心の弱さを、本当には立ち直れてはいないことを素直にリモネに伝えた。
今は誰かのためと思わなければ前へ進めそうにないと。
彼女のその気持ちにリモネはきちんと応えてくれた。

「わかんない。ドミヌーラの気持ち、わかる。なんでわかるのか、わかんない」

そういってくれたリモネに対し、
ドミヌーラは強い心の通い、絆を感じたようでした。
だからとても優しく、

「パルだから、でしょ」

そう、穏やかにリモネに応えました。

最初リモネが「わかんない」と言った瞬間、
ドミヌーラの表情は一切変わらず、「わかる」と言った時は
とても驚いた表情をしていたのが極めてよかったです。
一瞬ではありましたがここのシーンはすごくよかった。

「リモネは私のパル。そして私はリモネのパルよ」

彼女たちの結束は最も強く、最も美しく、そして最も儚く見えました。


もう一方のシムーンでは、パラ様がかなりの動揺というかややご乱心。
自分がどれほどな人間なのかを、アーエルから思い知っていた。
戦争をしている。戦闘は何か。殺し合いとは何か。
ここで生きる、生きる術とはまさにこれらをわかっていなくてはいけない。
自分はどう言い方を変えたとしても、
戦争をしていることに変わりはないという現実。
そこには死の恐れが、
一歩でも間違っていれば襲われていたという恐怖が彼女をそう思わせた。

けれど納得はいかなかった。
新参なドミヌーラやアーエルに、正しいことを言われ、
さらにネヴィリルのことまでも、自分より理解されてしまっている。
パラ様のいつもの冷静さはどこかへ消し飛んでいて、
思わずアーエルの挑発めいた言葉にも引っかかり、アーエルを平手打ち。

ここのシーン、なかなかな紙芝居でしたが演出であると捉えてみた(^_^;)
かなり無理めいた感じでしたがw 悪くはなかったと思うな。


そして夜は明け、太陽は昇り、敵機は現れ、
誰が何を言うこともなく
ドミヌーラはリモネと決意の戦いへと飛び立った。

翠玉のリ・マージョン。

たった2機ではいくらリ・マージョンを繰り返しても足りず、
敵機はそのリ・マージョンを回避すらしてきてしまい、
さらにメッシスをも守らなくてはいけない。
この絶体絶命な危機に対しドミヌーラは決心した。

いや、むしろもうしていた。
今この時を脱するには翠玉のリ・マージョンしかないと。

ドミヌーラがあの日、シムーンの中で見たもの。
恐怖の先に見えたもの。言葉にし難いそれを敢えてするとしたら

それは「希望」


今作始まって二回目の翠玉のリ・マージョンは発動し、
ネヴィリルはそれを見るよりも先に、そ感じ取ってもいた。

発動した禁断のリ・マージョン。
それは前回の比ではない結果を招いてしまいました。

彼女たちのリ・マージョンは何を導いたのか。
行方不明だったシムーン4機の生還。
アルクス・プリーマの登場。
最大危機からの脱出。
これらすべてに関連していたのだろうか。。
それにしてはあまりの犠牲の大きさに言葉もありません。
涙も出ません。


話の作り的にはサブタイをミスる理由も納得でした(^_^;)
やはり翠玉のリ・マージョンを遂げたシヴュラたちは
どこかへ転移したとかとか。
なんでもいいから最終回だけでもいいから、アムリアに会いたいよ。
もちろんドミヌーラやリモネも消えたなんで微塵も思いません。


次回は、、あ、オナシアさん久しぶり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • シムーン 第16話 「翠玉のリ・マージョン」

    Excerpt:  アルクスプリーマとネッシスとシムーン   今回の最後にあった〆の絵です。  シムーンの数が  いーち、にぃー、さーん、しぃー、ごー・・・             -― ̄ ̄ ` ―--  .. Weblog: ゆめみん的れびゅー racked: 2006-07-20 01:23
  • シムーン 第16話「翠玉のリ・マージョン」

    Excerpt: あああああーーーー!!!ついに恐れていたことがーーーー!!! 最初の退場者はドミヌーラとリモネとぬいぐるみでした!!! 最終回で「堪忍な♪」はヤめて下さいお願いしますね。(ため息) シムーンの1.. Weblog: 高速ゾートロープ racked: 2006-07-20 01:30
  • ARIA The NATURAL 第16話 「その ゴンドラとの別れは…」

    Excerpt: ARIA The NATURAL   現時点での評価:4.0   [ほのぼの系]   テレビ東京 : 04/02 25:00   テレビ愛知 : 04/04 26:28~   AT-X : .. Weblog: アニメって本当に面白いですね。 racked: 2006-07-20 01:33
  • 翠玉のリ・マージョン

    Excerpt: 「アンタごときがネヴィリルを守れるなんて、とんだ思い上がりだ」 Weblog: tune the rainbow racked: 2006-07-20 01:47
  • 翠玉の軌跡、輝く時

    Excerpt: 今週は週初めからだいぶ忙しくなってしまったため、シムーン感想もこんな時期に書く羽目になってしまった。 夏の新番アニメもまだ全部見てないし、早く「ゼロの使い魔」見ないとなあ。 と言うわけで今話の.. Weblog: 戯言人Blog racked: 2006-07-21 00:05
  • シムーン 第16話「翠玉のリ・マージョン」

    Excerpt: シムーン 第16話「翠玉のリ・マージョン」 メッシスの危機にドミヌーラとリモネは・・・。 Weblog: 恋華(れんか) racked: 2006-07-21 20:03
  • シムーン 16話 「翠玉のリ・マージョン」

    Excerpt: 今回はなんといっても、ドミヌーラとリモネの年の差パルでしょう。 このふたり、いつのまにラブラブな感じになっています。 Weblog: 紅の鉄騎 racked: 2006-07-23 06:23
  • シムーン 第16話

    Excerpt: サブタイトル「翠玉のリ・マージョン」   礁国側の企てに嵌められ、無数の新型機に襲撃されるメッシス。   禁断のリ・マージョンに踏み切るドミヌーラとリモネの運命は? Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ racked: 2006-07-25 07:25