デジモンセイバーズ 第16話

ヨシノちゃんが倒れ、イクト君までもが。

最初は疲労からの一時的体力低下と思われましたが
実はデジタルワールド固有の未知なるなるウィルスに冒されていました。
さらに手を触れたイクト君にもそれは感染し、
さすがのトーマ様も何のウィルスかもわからない以上、
手も足も出ないでいました。
トーマ様も手を触れていましたが感染せず。。
彼女の意思が彼に流れたとでも??
ま、いいや、トーマ様は完璧超人だしね。


唯一の治療法、ワクチンは
ファルコモンだけがその在処を知っていた。

かつてない早さでアバンは終わり、
ささっとファルコモンと「流れ者の岬」へ向かいました。

人が住み着いていた場所を、
彼らデジモンは「汚れた場所」と呼んで忌み嫌ってた。

そもそもなぜデジモンたちは人間たちを嫌っているのか。
そこに住んでいたのはやはりマサル父?
さらにファルコモンはユキダルモンは「死んだ」と言っていた。
しかもイクト君は「人間は仇」であるとも・・・。
まだまだ秘密は数多く残っているようでした。


男としてファルコモンを認めたマサル君。
友情を越えたものが彼にはいつもあります。
仲間であれば、疑うことは一切しない。
マサル君の信念がまた一つ見れました。相変わらず熱すぎます(^_^;)

戦闘は今回もはじけてて、
ガオモンが一気にマッハガオガモンになったと思えば、
マサル君も空中移動中にジャンプして敵に一撃シェルブリッド発動。
あの後海に落ちちゃうんじゃ、、なんてこと考えない。
そう、それが男だから!!w
 いや、アグモンを信じた上でのジャンプだったかな(^.^)
そしてアグモンも一気にライズグレイモンに進化。もちろん瞬殺です。
海上でなければジオグレイモンでも倒せたっぽいなぁ。でかいだけだった。


無事、ヨシノちゃんとイクト君は一命を取り留めることができました。
さらにお話へ次回へ!ヨシノちゃんの過去話に期待です。待ち望んでいました。
ようやくララモンも完全体へ。あれはかなりまともそうだったから(^_^;)
ララモンは常に完全体での戦闘をお願いしたい。かなり戦力にも期待できそう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ドラ将軍
2006年07月31日 02:47
イクト>
今のところ謎だらけですね・・・。
物語が進むにつれて正体が徐々に明らかになっていくのもそうですが、
 そもそもデジヴァイスをなぜか持っていることと、マサルみたいにすぐ相手に闘いを挑んでくる点を考えてみると、彼の正体ってひょっとしたら・・・!?
 ファルコモンも今回の一件で、今のマサル達に対する考え方に疑問を持ち始めたみたいですし、これからの彼らの行動に期待してみたいです。

ところで本編と全然関係ないんですが、今回の作品である「セイバーズ」が、今年の年末に映画が公開することが決定したそうです。
 詳細は今のところ未定ですが、本編とは違う映画オリジナルの展開になりそうな感じがします。(ぇ
2006年08月01日 00:05
こんばんわー

>マサルみたいにすぐ相手に闘いを挑んでくる
かなりけんかっ早いですね。でもちょっと可愛すぎる気も(^_^;)

ファルコモンは情に厚いとても心優しいデジモンでしたね。ちゃんと物事を考えて行動してくれるし。アグモンに見習って欲しい。。アグモンだけそこの部分のレベルが1,2段下な気がw

映画化は実は全シリーズちゃんとやってるんですね。今回も漏れずによかった(^.^) どれくらい人気あるんだろーなー すごいおもしろいんですがちょっと気になりますね。映画は素早く結果がわかりますし。

この記事へのトラックバック