デジモンセイバーズ 第23話

進化とは即ち色違い!

ようやく苛立ちの根源、ゴツモンが退場してくれました。長かった・・・。


いつにない演出でちょっと意外でした。
イクト君の迷いに、とてもゆっくりと時間をかけてきてくれていた。
同時にマサル君たちの戦闘が入り込んできて、
結構嫌いな演出だったけどw よく見るものとは違っていました。
 単にちょっとだけ見づらいな、と思う程度なんだけど。。

倉田博士達がデジタルワールドへ和平交渉のため出動し、
マサル君達はその護衛でついていくことに。
トーマを「トーマ博士」と呼ぶあの倉田という人、
誰にも属していない、そんな雰囲気があったなぁ。

デジタルワールドでは無事転送が成功し、いきなり無限氷壁にばっちり到着。
デジモン二匹倒したらあっという間にメルクリモンとご対面。
やはり二度目はこれくらいでいいねw リプレイもうざいし。

で、二匹のうち一匹がこれまでレギュラーでご登場していたゴツモンさん。
あそこでわざわざ身を挺すようなシーンでもなかったにも関わらず、
自ら参戦し、初進化。色違い!鉄則です。
ドラクエでもなんでも色が違えばもう別物。
完全体「インセキモン」へと進化なさいました。
全員が「えっ!?」って言ってたのはちょっとおもろかったw

大宇宙的な必殺技、
さらにはDG的な瞬間移動な攻撃もあり、まさに中身は別物でした。
けれどライズグレイモンが肉を切らせて骨を断つ作戦で確保し
ライラモンの攻撃(アンドゥポラン?)で麻痺させ、
最後はマッハガオガモンによるウィニングナックルというコンボが炸裂。
連携技がばっちり決まったけどそれでも究極体。まだ立ち上がる。
でもでも最後はライズグレイモンによるライジングデストロイアにて止め。
ようやく、やっとゴツモン撃滅!!爽快です(^.^)


同時にイクト君はデジモンか人間か、という
どうしても答えが出せない悩みを抱えたままでした。
彼をアドバイスしたのは小百合さん。相変わらずやたら色っぽいよ(^.^)

自分がやらなくては、自分にしかわからないのだから。

そうたどり着いたイクト君は迷いを吹っ切り、
急いでデジタルワールドへ到着したところでおしまい。

これでゴツモンとはお別れだといいなぁ(^.^)
また似たようなので出てきたらほんとヘコむw


次回はこれまた一気に進展。
あのおじさんが根源だと明かされました。
彼のデジモンは相当イレギュラーな強さがあるからなぁ。
でもそのまま第3クールまで持ち越すにはちょっと尺がが長い。
悪役な飛田さんはいいね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック