シムーン 第25話

墜ちてしがみついて、それでも墜ちなくてはいけない時が来る。
それが、今。


ある程度の歳まで「少女」と過ごした後、自らの意思で性別を決める。
男へと変わるか、それともそのまま女としてこれからも生きていくか。
何度考えてみても、
残り二話になった今思い返してみてもこの設定は異様でした(^_^;)

性別を自分のためというよりむしろ相手のために、大変重要視されつつも
不思議と「それほど性別は大事なのか」そう思わせる越えた世界が
彼女たちを翻弄し、惑わし苦しみを与えていたと思う。

どう足掻いても選ばなくてはいけない。
けれどたとえどう選んだとしてもその人自身に
よほどの大きな変化は訪れることもない。
だから単に身体的な変化に止まることもあるんじゃないか、
そう思っていたけれど、
今回彼女たちが受け入れた運命は正直理解しがたい
とてつもない重さがあるのだと改めて感じました。

アーエル、ネヴィリル、ユンを除いた、
コール・テンペストのみんなは泉へと選択のため訪れ、
そこでユンと出会い、彼女の選択を先に知ることとなった。

そして自分たちも泉の中へとゆっくりと足を進めた。


私たちは互いのことを何も知らない。
知るために墜ちていき、叫びながら墜ちていき、奈落へと向かう。
あまりの怖さに途中何かにしがみつき、止まるときがきても
それでもやはりその手を離さなくてはいけない時が来る。

それが、今。

彼女たちの言葉がどれも、詩に聞こえました。
誰もが意を決した瞳をしていた。

迷ったまま泉にはいることはそれこそ一生の後悔を生んでしまう。
彼女たちはもう抗うことはやめ、受け入れるただその気持ち一つで
泉への奥へと進んでいき、選びました。


本来あんなに大勢で行ってはいけないんだと思った(^_^;)
あんなの毎回やられたらきっとユンちゃんあっという間に砕けちゃうよw
最後の最後までユンちゃんは美少女でした。ありがとう、と伝えたい。
あの篭は空っぽだったなぁ。


グラギエフとアヌビトゥフはもう前回で終わりかなと思っていたのに
最後の最後にまたきてくれてやってくれました。
あの二人を見ているときとかまさに、
本当に性別は関係ないんじゃないかって思う。
最後まで大変かっこよくて美しい二人だったよ。
彼らにもありがとうと伝えたい(^_^;)


みんなが泉から戻ってきて、
すぐにパライエッタがネヴィリルに報告のため来訪。
彼女が「私と、」と言った瞬間には「踊らないか」とくる。
これはもうこの作品の鉄則となった気がするなw
シムーンを見てきた人なら、見てた人しかわからない最高の言葉(^.^)
彼女がネヴィリルと踊りながら会話しているとき、
いつものパラ様ではない言葉遣い、トーンがあったから
「まさか!?」と思ったら彼女は彼女のままを選んでいました。
そこをちゃんと演じ分けていたところも、素敵でした。

意外であって、意外ではない。
もうほんとどちらでもいいと思っていただけに、何ともいえません。
彼女が彼女の考えで選んだのだから、間違いなく良かった。
これだけは言えるんじゃないかな。


結局「男」を選んだのはフロエとヴューラのみ。
みんながみんな、それが良かったんだよな。
「今」決めたことは未来永劫後悔はない。
それほどまでに悩み経験し選択した。
あまりに多くのことがありすぎた結果、選んだのだから
誰もが晴れ晴れとした笑顔を見せてくれました。


そして残されたアーエルとネヴィリル。

二人の心境の変化はまだうまく捉え切れていない。。
胸の苦しみを恋だと知ったアーエル、
けれどネヴィリルの言う「好き」という言葉には
どうもアムリアへ向けての言葉とは違う気がしてならなかったなぁ。
でも間違いなく「好き」なことには変わりはないみたいで・・・。
その表情、行動からも確かに伺える。。


ラスト、マージュ・プールからシムーンが迫り上がってきたシーンからは
最大の盛り上がりとクライマックスを感じました。
かなりベストな音楽と共に高まっていたと思う。
つくづくこの作品は音楽との調和が見事でした。

嶺国の巫女たちはやっぱりちゃんと最後まで味方で(^.^)
彼女たちにもありがとうと心から伝えたい。

こうして二人は新たな世界へと飛び立ちました。


今できうる最大の盛り上がりを見せてくれたと思います。
もう見守るだけとなりそうなこのラスト間際で、
きちんとそれぞれの結末を描いてくれていました。
いろいろ在りすぎたけれど短かった。そんな半年でした。
実に楽しく、楽しみなアニメだったと心から言えます。
まとめは次回に。。ネヴィリルの心境が捉えられるといいんだけど。


次回では最後に二人の未来?が見られそう。
だいぶ成長していたなぁ。リモネはちょっと期待かも。
なんだかんだで最後はやはりリモネ(^.^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント