ああっ女神さまっ 第25話

なんだろ、OP,EDがたった一年前だというのに
もうかなり懐かしかった(^.^)


ちっちゃくなったウルドが、少年、昌平君と出会い
彼に淡い恋と小さな勇気を与えてくれました。


原作と同じく、このお話での彼女の言葉、

「できないと思ったことは、どんなに簡単なことでもできない」

という言葉がすごく印象強かったことを、改めて思い出しました。
OVAだからか、結構細かく描かれていて次のお話も結構期待(^.^)
音楽も相変わらず良いんだよなぁ


小さいウルドの冬馬さんも極めてかわいいです。
月のリングのエピソードがここで描かれていたとは・・・。
ところどころ変わっているところはあるんだけど、
別に悪くなってしまっているようなところはなかったと思います。

あの原作があり、ドラマCD,OVA、映画へと
脈々と続いてきたこの作品だからこそ一体感があると思います。
OVAと映画はまた見てみたいんだけどCDはもう探せない気がw


内容はいつも通り原作メインなので降られるところは特に。
ゲーム機がPSPになってたくらい?
原作当初に描かれていたのはゲームボーイというよりも、
PCエンジンGTに見えたことも思い出した(^.^)


次はスクルドの見せ場だ。
彼女の未来が見えてしまうわけなんだけど
本当に彼女があそこまで成長するところ、螢一君は見られるのか・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック