ああっ女神さまっ 第26話

今回にて今期の女神さまおしまい。
最後を飾るのはオ・ト・ナなスクルドでした。


喜ばしいところはちゃんと久川さんが、
大人のスクルドを意識させてくれていたところ。
彼女が本当にあの姿になるのは一体何十、何百年後なのか。
そう思うと今回のサプライズは大変貴重なものでした。

「オトナ」という響きをかみしめていたスクルド。
胸は長女には敵わなかったけどw 立派なレディでした。
黒髪ロングが大変美しくて、これでやっと三女神が揃った、って感じ(^.^)


大人になるということ。
スクルドの大人への憧れと、
気づいていたけれど気づかないフリをしていた螢一君への想い。
そのどちらもがとても丁寧に描かれていました。
原作とはまた違った流れも、素晴らしく良かったです。

成長、といっても身体的なこと、精神的なこと
そのどちらもが一緒のペースを保っていかないと、
本当に成長したとは呼べない。

背伸びをしていたら不意に夢が叶ってしまったスクルドでしたが
に一日一日を刻んでいくことが成長なのだとわかったのかもな。

彼女がベルさんと同じくらいの年齢になったら
ほぼうり二つになっちゃうのかも。黒髪な分スクルドに傾きそうですw
あの性格はあのままがいいけど、そこまで見れる日はきっとこないかな。


今回で2期女神さまは本当におしまい。
最後の2話でOVA版を放送してくれるなんて
とても良心的なTBSさんって思いました(^.^)

女神さまに関しては
今後も普通に何年に渡ってもいいので、ずっと見ていきたいです。
原作は一体どこまで続くかわからないし、そろそろ、という気持ちも。
それでも好きな作品と長く付き合える喜びがあるのも事実。

アニメーションと見事に相乗が生まれていると思っているから
今度は1つ本ストーリを入れてきてもいいし、
全くオリジナルに切り替えてきてくれてもいいので、
是非出会いたいです。4クールにするといろいろ大変だろうからw
また今度も2クールで(^.^)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック