ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 第23話

また最終のときは短編を入れてくるかもだけど、
今期このお話が最後っぽいなぁ。微妙だなぁ(^_^;)

原作通りかどうかを確かめる上で、この作品原作を読みたくなってきました。
前期のときはそこまで思うことはなかったのに、今期になって強くなった。
「本当にこんなお話ばかりなの?」と思うところが多くて(^_^;)

カオスさんの力は驚異的で、
小狼君たちは各々のライバルとされる幻想と戦い、
裏で手を引いているカオスに行き着いた。

 物語に入り込む以前の問題で、このお話はキャストさんにやられらたなぁ。
 久々にここまでのものがくると痛いとしか言えない。
 カオスさん、物語の核なキャラなだけに
 あそこまで抑揚なく演じられると物語を楽しめない・・・(^_^;)


緊迫感以外にも意図があったのか、
ジャンプ的なノリを感じる引き延ばしが既に煩わしくもあり、
劇中歌、BGMだけでは到底たり得ない辛さがありました。
もう3期はないんだろうな、っていう諦めもチラっと感じた。
ほんと今流行の?リメイクを今から検討していただきたいくらいです。
ファンは固定されるかもしれないけど、もっとおもしろいと思うから。。

もうあと3話なので途中でやめるのも勿体ないから(^_^;)見届けます。
もしかしたらまだ盛り返すことができるかもしれないし。
サクラちゃんが泣いていたところも気になる。。
サクラちゃんのかわいさは無関係だ。

「X」のキャラが全部揃ったりするところもみたいし
ファイさんのお話が他の方に比べて圧倒的に少ないし
そこら辺を漫画で(原作もファイさん少ないかもだけどw)補完したい。
そもそも「xxxHOLiC」買ったところで負けてたのかな(^_^;)
せめてあの片目の小狼君が出てくるところで終わっても良いと思うなぁ。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック